既卒のベンチャー企業への就職はおすすめしません【メリット・デメリット】

この記事では、

既卒生
既卒で就職活動をしているけど、ベンチャー企業に興味があるな…でも既卒からの就職でベンチャー企業ってキャリア的にどうなんだろ?そもそも就職できるのかな?

という疑問にお答えします。

結論ですが、既卒のベンチャー企業への就職はおすすめしません。
就職するならホワイトな中小企業の一択です。記事内で深掘りします。

この記事を書いている僕は大阪大学を就職せずに卒業して既卒になりました。ベンチャー企業も検討しましたが、ホワイトなWEBマーケティングの会社から内定をGETしました。その選択は間違っていなかったと今でも思います。

そういった背景から語ります。

〜この記事の内容〜

  • 既卒のベンチャー企業への就職はデメリットだらけです
  • 既卒はベンチャー企業よりホワイトな中小企業を狙うべき

既卒のベンチャー企業への就職はデメリットだらけです

ベンチャー企業は成長できると思っているかもですが迷信ですよ。

成長できない可能性が高い

ベンチャー企業もいいな?と思ってる既卒のあなたはベンチャー企業にこんなイメージがあったりしませんか?

既卒生
ベンチャー企業って任される業務範囲が広いし、挑戦できる環境だし、大手企業より成長できそうだな。

上記の通りで、確かにベンチャー企業は社員数も少なく大手企業よりも業務範囲は広いです。とはいえ「業務範囲が広い=成長できる」は思い込みです。

というのも業務範囲が狭くても、努力して働けば成長はできますよね。
中小企業のマーティングだったり、営業だったりで圧倒的に成長している人も多いです。

業務範囲が広いのはある意味でデメリットだったりするので解説していきます。

職種があいまいでスキルが身に付かない

また業務範囲が広いので、専門的なスキルが身に付きにくいのもデメリットです。

というのもマーケティングに興味がある既卒が会社に就職した場合に担当する業務は、

  • 中小企業・大企業 → マーケティング
  • ベンチャー企業 → マーケティング、営業、法人対応、事務作業

中小企業・大企業、ベンチャー企業とでこれくらい差があります。

ベンチャー企業は社員数が少なく業務範囲が広いのでマーケティング業務以外もこなす必要があり、専門的なスキルが身につきにくかったりします。

単純ですがマーケティングに興味があって成長したいならマーケティングだけに集中した方が専門的なスキルは伸びますよね。

パソコンでカタカタとマーケティング業務をこなしている時に、「上司から営業先に行ってこい」と言われるみたいな感じで業務に集中できないことがあったりします。

社員数が少なく教育制度が充実していない

ベンチャー企業は教育制度が充実していないことが多々あります。

僕は既卒からマーケティング職でホワイトな中小企業に就職したのですが、教育制度が充実していることに当時は気付きませんでした。

というのも私の会社では外部研修や内部研修などの教育制度があったのですが、ベンチャー企業に就職した友達は全く教育制度がないと言っていました。

当時は研修とか面倒だなと思っていましたが、社会人としての最低限のスキルが身に付いてよかったです。
最低限の社会人としてのマナーがなかったりしたら、転職でも不利になるので。

倒産する可能性がある

これはどの企業にも可能性があるのですが、中小企業や大手企業よりも倒産する可能性が高いのがベンチャー企業です。

既卒は職歴に空白があるので、会社が倒産して退職したとかはマイナスになってしまいます。

なのでわざわざ倒産リスクがあるベンチャー企業への就職はおすすめしません。

つまりキャリアに繋がらない可能性がある

以上のことから既卒はしっかりスキルを詰める中小企業への就職がおすすめで、ベンチャー企業はよほどのこだわりがない限りおすすめしません。

既卒がベンチャー企業に就職するデメリットは、

  • 教育制度が充実していない
  • ブラック労働になるかもしれない
  • 倒産リスクがある
  • スキルが身に付かない可能性がある

などがあり社会人としての基礎が身に付かない可能性があるからです。

とはいえベンチャー企業でも教育制度が充実していたり、ホワイトな企業もあったりするのでもしベンチャーを受ける場合は事前い確認しておきましょう。

既卒はベンチャー企業よりホワイトな中小企業を狙うべき

そんな既卒はホワイト企業な中小企業を狙うのがおすすめですよ。

ホワイトな中小企業は多いです

僕は大阪大学を卒業したプライドから既卒時の就活しはじめた頃は大手企業を狙っていましたが上手くいきませんでした。

当然ですが、大手企業はフレッシュな新卒を取らず既卒を取る理由がありませんよね。

ホワイトなのにも関わらず知名度がなかったり、発信力がないだけで応募が集まらない中小企業はたくさんあります。

既卒はそういった企業を狙って就活をすべきです。当然その会社でスキルを身に付けたら大手企業に転職とかも可能なので。

既卒生
どこでホワイトな中小企業の求人を探せばいいんですか?

実際に僕は既卒専門就職サイトを使って複数の内定をGEしました。そして年間休日127日、給与23.5万円/月、残業月5時間以内というホワイトなWEBマーケティングの中小企業に就職しました。

そんなホワイトな中小企業の求人が多くある既卒専門就職サイトを紹介します。

おすすめの既卒専門就職サイトは下記の通り。

  • キャリアスタート給与と労働環境にこだわりたい方向け。
    月収25万円以上の労働環境がしっかりした企業のみ。
  • 就職Shopやりたい仕事がわからない方向け。
    カウンセリングが神がかっています。リクルートグループの既卒専門エージェントなので安心。
  • ハタラクティブすぐに就職したい方向け。
    最短で1週間、平均して1ヶ月程度で内定が決まります。
  • ウズキャリ内定率にこだわりたい方向け。
    内定率86%以上で少ない数で内定がGETできます。
  • ジェイック入社後の定着率にこだわりたい方向け。
    定着率91.3%で続く就職先の紹介に定評があります。

どこも既卒向けでおすすめですが、特におすすめはキャリアスタートです。労働環境重視で企業を紹介してくれますし、驚異の面接通過率70%以上でサービスが神がかっています。

既卒から正社員を目指すならキャリアスタート就職Shopに登録しておくといいかと。また就職Shopはリクルートが運営していまして既卒への対応が神がかっていて、キャリアカンセラーの方の支えがとても心強く、優しすぎて泣いた経験があります。

まとめ:既卒は転職サイトより既卒専門就職サイトを使おう

以上ですが、既卒はベンチャー企業に就職するよりホワイトな中小企業へ就職するのがおすすめです。
ベンチャー企業に就職するデメリットより、ホワイトな中小企業で得られるメリットが圧倒的に多いのでです。

既卒専門就職サイトには既卒を求めている中小企業の求人が多いのですし、キャリアカウンセラーの方が無料で履歴書の添削や面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

実際に僕はキャリアスタート就職Shopでキャリアカウンセラーの方が丁寧に対応してくれて大満足でした。

キャリアスタートのロゴ

キャリアスタートは20代で若手に特化した転職エージェント。「転職満足度」、「充実したサポート満足度」で若手サポートNo.1。紹介企業は大手企業から中小企業まで幅広く、登録から内定まで全て無料。転職Book無料配布中。

» 公式サイトを見る

就職Shopのロゴ

就職Shopはリクルートが運営する20代向け転職エージェント。プロのキャリアコーディネーターが面談を元にあなたに合った企業を紹介。書類審査なしで面接を受けれるのが特徴。登録から内定まで全て無料。

» 公式サイトを見る

ハタラクティブのロゴ

ハタラクティブは未経験OK求人が多いのが特徴の転職エージェント。専任アドバイザーがカウンセリングを通して、マンツーマンで内定まで徹底サポート。

» 公式サイトを見る