既卒の大手企業内定は厳しい、狙うべき企業の見極め方【実体験】





どうもがむしゃらワーカーしゅう丸です!

既卒生
既卒で就職活動しているけど、既卒でも大手企業から内定を貰えるのかな?ちょっと既卒就活してみたけど、大手企業の求人があんまりないな…。実際のところどうなのか知りたいな。

という方に向けた記事です。

結論ですが既卒が大手企業から内定を貰うのは厳しいです。中小のホワイト企業を狙うべき。

とはいえ大手企業の一部部署では内定獲得できるのですがおすすめしません。そこら辺の話も記事内で実体験を元に深掘りしていきます。

この記事を書いている僕は大阪大学を就職せずに卒業しまして既卒になりました。1年ほどダラダラしてそろそろ就職しようと思ったものの、大手企業に正社員として就職するのが難しいという現実に泣きそうになりました。そんな中でも試行錯誤しながら正しい方法で就職活動をすることで、見事ホワイトな中小企業から正社員として内定を手に入れることが出来たので、既卒から正社員として就職したい方は最後まで真剣に読んでみてください。

そういった背景から語ります。

〜この記事の内容〜

  • 既卒が大手企業から内定を貰うのは厳しい
  • 既卒が中小のホワイト企業から内定を貰う方法

既卒が大手企業から内定を貰うのは厳しい

結論ですが既卒が大手企業から内定を貰うのは厳しいです。

新卒でも大手企業内定は厳しい

「売り手市場」という言葉はよく聞きますよね?言葉の通りで、人材不足から就活生が企業よりも有利という意味です。

とはいえ「売り手市場」は中小企業だけで、大手企業は「買い手市場」といった事実があります。

下記の図は大卒の求人倍率に関する最新のデータです。


「※参照 第36回 ワークス大卒求人倍率調査(2020年卒)」

社員5,000人以上の大手企業の有効求人倍率は0.42倍となっていまして、2~3人に1人が内定を貰える感じですね。一方で社員300人未満の中小企業の有効求人倍率は8.62倍となってまして完全な「売り手市場」ですね。

このデータから、

  • 大手企業 ← 人気があり倍率が高い
  • 中小企業 ← 人気がなく倍率が低い

ということがわかりますね。

不安定な時代なので、安定を求めた新卒がこぞって大手企業に集中しているので、一言に「売り手市場」と聞いても楽観視できないことがわかりますよね。

既卒は圧倒的に不利

大手企業は「買い手市場」だけど0.42倍だから既卒にもチャンスがあるんじゃない?と思った方がいるかもですが、残念ながら既卒にチャンスはほぼありません。

  • 既卒が新卒より有利になることはない
  • 大手は新卒枠で埋まってしまう
  • 大学卒業3年以内は新卒扱いはほぼ存在しない

上記の通りで、残念ですがシンプルに新卒よりも既卒を取る理由ってないですよね…。そもそも新卒で大手企業枠は埋まっていますし。

またこれは僕の実体験なのですが、「大学卒業3年以内は新卒扱いします。」みたいな大手企業は多いですが、これほぼ無理ゲーです。よっぽど新卒よりも優れたスキルがあったり、既卒になるべく理由が明確だったりしないと新卒と戦えません。

じゃないと就職浪人とか存在しないですしね。

一部で大手求人もあるけどおすすめしません

既卒向けの大手企業の求人は少ないですが、一部あるのはあります。

職種ですが「工場内での労働」が多いイメージです。工場内での労働をおすすめしないわけではないですが、大手企業に就職したいだけでその職に就くのはキャリアを考えた時に勿体無いので、中小のホワイト企業へ総合職で就職を目指すのが良いかなと思います。

中小のホワイト企業を目指すべき

そんな既卒は中小のホワイト企業からの内定を目指すべき。

実際に僕は、「大阪大学を卒業しているから大手企業から内定も余裕でしょ」と思っていたのですが、世間は1度レールから外れた人間に厳しく大手企業に就職はできませんでした。

ある時から中小企業に絞って就活をはじめたのですが、意外と条件が良い会社も多くあって驚きました。そんなこんなでホワイト企業から内定をもらいました。

中小のホワイト企業を紹介してくれるおすすめの就職エージェントのキャリアスタート。労働環境重視で企業を紹介してくれますし、驚異の面接通過率70%以上でサービスが神がかっています。無料なので登録してカウンセラーの方に相談してみるといいかと思います。

>>キャリアスタートに登録する

転職で数年後大手企業に行けばOK

とはいえどうしても大手企業に就職したい既卒は数年後に大手企業に行けばOK。

そんなことできるの?と思うかもですが、中小でスキルと実績を身に付ければ大手企業への転職は余裕です。

大手企業への転職は新卒採用と違い経歴・学歴よりもスキルや実績が重視されるので、中小企業で努力すれば大丈夫です。

そういった意味でもまず既卒はホワイトな中小企業へ就職しましょう。

ここから中小のホワイト企業から内定を貰う方法について解説します。

既卒が中小のホワイト企業から内定を貰う方法

既卒が中小のホワイト企業から内定を貰う方法は簡単。

  • ステップ1. 簡単でOK:5年後どうなりたいか考える
  • ステップ2. 逆算して業種を選択する
  • ステップ3. 既卒専門転職カウンセラーに助けてもらう

ステップ1. 簡単でOK:5年後どうなりたいか考える

まずざっくりで良いので5年後どうなりたいか考えればOK。

「5年後大手企業に転職する」、「WEBマーケターになって月収50万円目指す」みたいな漠然とした感じで大丈夫です。

ステップ3. 逆算して業種を選択する

5年後から逆算すれば就職すべき企業や、職種は見えてきますよね。

例えば、「WEBマーケターになって月収50万円目指す」人の場合

WEBマーケティングの企業にマーケターとして就職する

といった感じ。

中小だと業務範囲が広かったりするので、大手より早く成長できたりします。

ステップ3. 既卒専門転職カウンセラーに助けてもらう

とはいえどう行動すれば良いかわからない、自分に合っている仕事がわからない人も多いと思います。

そんな時はシンプルに既卒専門エージェントを使えばOK。というかエージェントを使わないと既卒就職は厳しいです。

おすすめの転職エージェントとは下記の通り。

  • キャリアスタート:労働環境がしっかりした企業のみ転職成功BOOKが貰える
  • 就職Shop:リクルートグループの既卒・第二新卒専門エージェント
  • ハタラクティブ:最短で1週間、平均して1ヶ月程度で内定が決まります

どこも既卒向けでおすすめですが、特におすすめはキャリアスタートです。労働環境重視で企業を紹介してくれますし、驚異の面接通過率70%以上でサービスが神がかっています。

既卒から正社員を目指すならキャリアスタートと就職Shopに登録しておくといいかと。また就職Shopはリクルートが運営していまして既卒への対応が神がかっていて、キャリアカンセラーの方の支えがとても心強く、優しすぎて泣いた経験があります。