【初心者向け】WordPressでサイト制作が出来るようになるためのおすすめ本と手順【5万円の制作案件を目指す】





がむしゃらワーカーしゅう丸です。

HTML、CSSはある程度できるようになったから、WordPress勉強したいけど、どうすればいいんだろ?おすすめ本も多すぎてわからないし。どんな手順で勉強すれば良いか知りたいな。

と行った疑問に答えます。

wordpressって簡単そうなんですけど、やり込むと奥が深くて難しいんですよね。
本屋さんに本を買いに行ってもいっぱいありすぎてどれを買えばいいかわからない。「初心者向におすすめ」と書かれた本を買ってみても何を書いているか理解できない。ググっても書いてることは暗号みたいで理解できないといった理由で挫折する人は多いかと思います。でもここで諦めるのは早いです。

そういった方に、WordPressの基礎知識を身に付けてサイトを制作出来るようになるまでの手順をおすすめ参考書を交えて紹介していきます。

この方法でスキルを身につければ、WordPressでサイト制作が出来るようになるはずです。

僕はHTML、CSSといったマークアップ言語を勉強した次のステップとしてWordPressを勉強しまして、高単価案件が取れるようになったり、ブログをカスタマイズしたりと良い感じです。
そういった背景から語ります。

3STEPでOKです

WordPressでサイト制作が出来るようになるには3STEPでOKです。

  • ①WordPressが何なのか知る
  • ②WordPressサイト制作の基礎を知る
  • ③WordPressのカスタマイズ方法を知る

この3STEPで勉強するだけで、ほとんどのWordPress案件が取れるようになります。

ブログのカスタマイズも出来るようになるのでぜひ勉強してみてください。

①WordPressは何なのか知ろう

まずWordPressって何?って方はWordPressが何なのかを知りましょう。

おすすめはこちらの参考書でして、初心者の方にもWordpressはどんなものかということを簡単に分かりやすく説明されています。

▼いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方

コードやプログラミングといった難しいことは書かれていないので、1週間もあれば読み切れるかと思います。

ちなみにいきなり難しい参考書にいくのはやる気もなくなるので、WordPressを知らない方はぜひ読んでみてください。

ブログ運営などでWordPress使ったことあるよという方は、この参考書を飛ばしてください。

②WordPressサイト制作の基礎を知る

WordPressがなんなのか理解できたところで、実際にWordPressでサイト制作する方法を勉強しましょう。

そこで便利なのがこの参考書。

▼WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠

僕はWordPressが何なのか理解した段階で2.3冊WordPress関連本を購入しましたがこの参考書が1番良かったです。

というのも実際に1サイトを作り上げながら学ぶことができるので、手を動かす必要があり、この1冊をやるだけでWordPressでサイトを制作する基礎が理解できちゃいます。
page.phpが固定ページであることや、固定ページに何かを出力したい場合はどうすればいいのかなど、WordPressでのサイト制作の基礎が身につきます。

説明もかなり丁寧で絶対に挫折しないほど優しく書かれています。

HTML、CSSで作ったファイルを、WordPressテーマで納品してくださいと言われた場合でも対応できるようになっています。

ここまでやるとWordPressの基礎が身について、クラウドソーシイングなどで取れる案件の幅が広がりますし、ブログの簡単なカスタマイズも出来るようになります。

③WordPressのカスタマイズ方法を知る

ここまでで基礎はある程度習得できますが、プラスアルファとしてWordPressの応用編としてカスタマイズの参考書を勉強しましょう。

基礎ができたらカスタマイズが出来るようになることで、出来ることの幅がグッと広がります。

カスタマイズが出来る人はなかなかいないので、カスタマイズはしっかり身に付けましょう。

カスタマイズって何かと言うと、ブログが更新されると自動でトップページに更新されるようにする、クライアントさんが自分自身で更新できるようにカスタマイズするといったことです。

おすすめの参考書はこちらです。

▼一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

この参考書は辞書的な感じでして、こんなカスタマイズしたいなぁと思って調べるとほとんどのことが書いています。

ここまで出来ればほとんどのWordPress案件が取れるようになりまして、ブログのカスタマイズも出来るようになります。

また嬉しいのは、この本を読むことでググっても何を書いているかわからない状態から、あ〜こんなこと書いてるんだな。といったググればわかる状態になります。

僕はこの参考書をマークアップ言語を習得してからWordPressの勉強の1冊目として勉強したのですが、意味がわからず泣いたのを覚えています。笑

先ほどのWordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠を勉強することで、こちらの本がスラスラ読むことができました。

ぶっちゃけこの本を勉強して理解しているエンジニアやフリーランスの人は少ないので、この本をマスターすることでサイト制作で単純なコーディング以外の仕事も取れるようになり単価が上がります。

最低限のPHPの知識がいる

とはいえWordPressの勉強には最低限のPHPの基礎知識が必要です。

PHPと言っても簡単な知識でOKなので、Progateかドットインストールで勉強するのがおすすめです。

ドットインストールなら無料、Progateなら有料です。
※Progateは無料で受講できる範囲と有料で受講できる範囲があります。

まとめ

ここで紹介している方法でWordPressの基礎が身について、応用などのカスタマイズについても理解できるようになります。
HTML、CSSがある程度出来るようになったら、WordPressを習得することがおすすめです。

といいますのもWordPressは単価が急激に高くなりますので、ぜひ習得すればいいかなと思います。

オススメ参考書おさらい。

▼いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方
WordPressがなんなのか理解できます。

▼WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠
WordPressでのサイト制作の基礎が身につきます。

▼一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本
WordPressのカスタマイズが身につきます。