Progateを使って3ヶ月でエンジニア転職する方法【実体験】

どうもWEBエンジニアのがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

この記事では、

Progateで勉強してエンジニアとして転職出来るのかな?もし出来るとしたらどうすればいいんだろ?

という疑問にお答えします。

初心者でもハードルが低くプログラミングを勉強できるProgateは最高のサービスですよね。

結論ですがProgateを使って3ヶ月でエンジニア転職は可能です。

ちなみにこの記事を書いている僕は、未経験からProgateでプログラミングを勉強してWEB系企業へフロントエンドエンジニアとして転職しました。

そんな僕がProgateを使って転職する方法について語ります。

〜本記事の内容〜

  1. Progateでエンジニア転職する3ステップ
  2. Progate+αのサービスで転職準備【月7000円前後で学習可能】

Progateでエンジニア転職する3ステップ

Progateを使ってエンジニア転職するには下記の3ステップで大丈夫です。

  1. エンジニア転職に必要な言語を決める
  2. Progateでプログラミング言語を学習する
  3. 転職活動をはじめる

ステップ1.エンジニア転職に必要な言語を決める

エンジニア転職を見据えてProgateでプログラミングを勉強するなら、勉強前にエンジニア転職するのに必要なプログラミング言語を決めておくべきです。

結構ここらへんを明確にせずにRubyが人気だからと言った理由で勉強を始める人が多いのですが、必要な言語を集中的に勉強すべきです。

ちなみにエンジニア転職と言っても色々あって、

  • フロントエンドエンジニア → HTML & CSS、JavaScript、jQuery、PHP、SQL
  • サービス開発 → Ruby、Ruby on Rails5、Git、Command Line、SQL
  • AIエンジニア → Python、Git、Command Line、SQL

かなりざっくりですが上記の通り。※実際に勉強前に何が必要か調べてください。

ここにある通りでフロントエンドエンジニアでエンジニア転職したいのに、サービス開発に必要なRubyを勉強しても意味ないですよね?こんな感じで、まずは自分がどの分野でエンジニア転職したいか逆算して明確にすべきです。

それぞれの分野で必要なプログラミング言語も変わってきますし、無駄な勉強は挫折率を上げたりするので気をつけるべきです。

ちなみにエンジニア転職で人気なのは”サービス開発”なので、Ruby、Railsあたりが良いかと思います。

ステップ2.Progateでプログラミング言語を学習する

勉強すべきプログラミング言語が決まったら実際にProgateで勉強していきましょう。

Progateで実際に勉強を開始している人に注意して欲しいのは、各言語でコースが沢山あると思うのですが全て理解する必要はありませんということです。

これもプログラミングを挫折する原因の一つなのですが、全てやる必要もないし、理解しなくても大丈夫です。

下記は僕のツイートなのですが、真面目な人ほどプログラミングは挫折しやすいのでわからないところは飛ばして勉強を進めましょう。

このツイートにもある通り、よく使うコードとかって何回も出てくるので自然と覚えます。逆によく使わないコードで止まってずっと悩んでいても意味ないのですいすい進めましょう。

ステップ3.転職活動をはじめる

ここまできたら転職活動をはじめましょう。

とは言っても悲しいことにProgateを勉強しただけでは実務未経験なので、経験枠で転職が出来ないという事実があります。

当然ですが企業は即戦力を探しているので、Progateを勉強しただけじゃ経験者枠での応募は難しいです、、、。未経験OKな求人もたくさなりますが、劣悪な環境であることも多いので注意が必要です。

Progate+αのサービスで転職準備【月7000円前後で学習可能】

Progateだけで転職を目指しても良いのですが、他のサービスも平行して使うと良いですよ。

下記も僕のツイートですが、

上記の通りProgate以外にもUdemyや書籍を使ってプログラミングを勉強しました。

この通り月7000円前後でプログラミングを勉強出来る環境があったります。

ちなみに僕の一ヶ月の学習費用の内訳はこんな感じ。

  • Progate → 月980円
  • Udemy → 月2400円前後(動画2本購入)
  • 書籍 → 月3000円(1冊購入)

Udemyという動画学習サービスと書籍を同時平行で使って勉強をしていました。

Udemy

Udemyは動画でプログラミングを学習出来る買い切り型のサービスです。

質の高い動画が1本1000円〜3000円で購入出来るのでおすすめです。

Udemyで学べるWEBエンジニア向けおすすめ動画7選【初心者向け】でおすすめ動画を紹介しているので興味のある方は見てみてください。

ちなみにUdemyはしょっちゅうセールをしているので、定価では買わずにセール価格で買うのがおすすめです。

>>Udemyで学べるWEBエンジニア向けおすすめ動画7選【初心者向け】

書籍

説明する必要はないですが、書籍で勉強するのもおすすめですよ。

コーディング系のおすすめ本
HTML&CSSコーディングのおすすめ本を紹介【初心者向け】

WordPressのおすすめ本
WordPress初心者向け書籍はこの1冊しか有り得ない【断言します】

僕はフロントエンドエンジニアなのでフロント系ですがおすすめ本は上記で紹介しています。

まとめ:Progateを使って転職は可能

以上ですが、Progateを使って転職は可能です。

とはいえProgateだけじゃ実務経験を積んでいるわけではないので経験者枠での応募は難しいです。

なので未経験OK向けの求人に応募する必要がありますが、Progateで基礎レベルをクリアしているのでかなりのアドバンテージにもなりますし、優良企業を紹介してもらえます。

テックアカデミーのロゴ

TechAcademyは最大手のオンラインプログラミングスクール。コースは24種類と豊富で幅広く学べるのが特徴。完全無料(0円)で1週間無料体験授業が受講可能。無料体験期間中にメンターのオンライン面談を受けるとAmazonギフト券500円がもらえます。

» 公式サイトを見る
TECHEXPERTのロゴ

TECH CAMPは転職に特化したプログラミングスクール。転職成功率は98%で、転職できなければ受講料全額返金の制度あり。無料カウンセリングで受講内容からエンジニア需要まで疑問が全て解決できます。

» 公式サイトを見る
TechBoostのロゴ

TechBoostはBranding Engineerが運営するオンラインプログラミングスクール。フリーランス案件求人midworksも運営しているので、卒業後の進路が転職、フリーランスと選択肢が多いのが特徴です。無料説明会あり。

» 公式サイトを見る