【副業】HTMLのコーディングで月5万稼ぐ方法【準備は2ヶ月です】

【副業】HTMLのコーディングで月5万稼ぐ方法【準備は2ヶ月です】
悩む既卒生のアイコン

副業としてWEB制作で稼げないかな?月に5万円くらい稼げれば、外食も出来るし、趣味にお金も使えて幅が広がるのにな。勉強方法と、仕事の取り方とか具体的に知りたいな。

この記事ではこのような疑問にお答えします。

結論ですが副業のWEB制作で5万円を稼ぐのは可能。
記事内で詳しく解説します。

ちなみにこの記事を書いている僕は会社員時代に副業としてHTMLコーディングを勉強して、土日の暇時間で月にWEB制作で5万円以上稼いで生活が楽になりました。

本記事では副業の「WEB制作で稼ぐ方法」と、「仕事の取り方」について実体験から解説します。月5万円ほどなら誰でも達成可能なので、最後まで読んでみてください。

〜おすすめプログラミングスクール3つ〜

〜本記事の内容〜

  1. 副業のHTMLコーディングで稼ぐスキルは高くない【断言する】
  2. HTMLコーディングで5万円分の仕事の取り方【副業収入】

副業のHTMLコーディングで稼ぐスキルは高くない【断言する】

結論ですが、副業としてWEB制作で月5万円稼ぐのは可能です。
HTML・CSSを使ったコーディングの仕事を受注すればOK。

WEB制作の仕事をざっくり紹介します

企業のホームページを作る仕事がWEB制作です。また今回副業として紹介するコーディングはその仕事の一部分。
下記の図の「④デザインを元にコーディング」で、デザインを元にHTML・CSS・jQueryで完成させる仕事です。

ちなみに企業からの「①依頼する」から受注してもいいですが、「④デザインを元にコーディング」でも十分稼ぐことが可能なので、この記事ではこの部分を詳しく解説します。

簡単ですが仕事をこなす知識は難しかったりする

記事後半で詳しく解説しますが、HTML・CSS・jQueryとかだと独学でも可能。
ただし仕事を受注して稼ぐとなると、デザインからコーディングする方法だったり、サーバーにアップする方法だったり必ずつまづきます。

なので実践的なスキルを身に付けることができるスクールでさくっと学ぶのがおすすめです。

〜おすすめプログラミングスクール3つ〜

とりあえず転職とか目標が明確でない場合は、WEB制作で必須スキルのWordPressコースがある完全オンラインのTechAcademyがおすすめです。1週間の無料体験授業があるので、受けてみるといいかと思います。

HTMLコーディングで5万円稼ぐのが簡単な理由

HTMLコーディングで5万円稼ぐのが簡単な理由は以下の通り。

  1. 初心者にもとっつきやすい
  2. スキルを身に付けるのが簡単
  3. 仕事があまっている

といった感じです。
世の中には星の数ほどのホームページがあるので仕事が常にあまっていて、人手不足なので仕事が簡単に取れます。

またHTMLコーディングはスキルを身に付けるのも非常に簡単で、すきま時間で2ヶ月勉強すれば仕事を取って稼ぐことができますよ。

ちなみにHTMLコーディングのホームページ制作の相場観はこんな感じ。

LP(キャンペーンサイト) ・・・ 30,000円〜
企業ホームページ ・・・ 100,000円〜
WordPressでのホームページ ・・・ 200,000円〜
テキスト流し込み ・・・ 5,000円〜

ざっくりとですがこんな相場観です。

勉強をはじめて2ヶ月ほどの初心者の方はLP(キャンペーンサイト)の仕事を取ることが多いです。だいたい相場は30,000円〜なので月に2個取れば5万円を超える副業収入です。

ちなみにHTMLコーディングで1番稼げるのはWordPressを使ったホームページ制作でして、圧倒的に副業で稼げます。副業で20万円とかも十分達成可能です。

とはいえWordPressは独学では厳しいので、HTMLとセットで学ぶことが出来るオンラインスクールがおすすめ。
おすすめはのスクールはTechAcademyでして、TechAcademyのWordPressコースを1ヶ月ほど集中して受講すれば、HTML、WordPressはばっちりかと思います。

講座費用も仕事を1件取れば余裕で回収できますし、初期投資としてはかなりお得です。

HTMLコーディングの勉強方法

HTMLコーディングの勉強方法ですが、HTMLの他に最低限CSSとjQueryと言われるプログラミング言語も勉強しておく必要があります。
※テキスト流し込みの仕事は、HTMLだけでOK。

おすすめはProgateと言うオンラインのプログラミング学習サイトですが、つまづいた時に質問が出来ないのが少し残念かなと思います。

プログラミングは聞ける人が側にいるかどうかでスキルの上達に大きく差がでます。

会社員で空いた時間に勉強するなら、効率よく時間を無駄にせずにわからないところをすぐに聞けるオンラインスクールがおすすめです。

プログラミングを学ぶという点ではどこも大差ありませんが、空いた時間に効率良く勉強できるオンラインで完結するTechAcademyがおすすめです。

メンターの方もかなり親切で、質問もし放題なのでうまく利用すると良いですよ。まずは無料体験授業を受けてみればいいかと思います。ちなみに無料体験期間内にメンターの方のオンライン面談(10分ほど)を受けると、500円のAmazonギフト券が貰えますよ。

>>TechAcademyの無料体験はこちら

※WEB制作(コーディング)で3万円稼ぐまでの実体験を書いたnote
僕が完全未経験からプログラミングを勉強して3万円の案件をこなすまでの実体験を勉強方法から案件受注まで詳しくまとめたnoteです。1週間で300人以上のWEB制作で稼ぎたい方に読んでいただいたnoteで、有益な情報満載なのでぜひ読んでみてください。

HTMLコーディングで5万円分の仕事の取り方【副業収入】

案件紹介エージェントは副業では厳しそう

ある程度経験があるのに仕事が取れなかったりする場合は、エージェントに登録しておくのがおすすめです。

HTML、CSSだけの案件とかもたくさんあるので。
※HTML、CSSだけの案件は少なくなっているようで、フロントエンド案件ならJavascriptができないと厳しいみたいです。

登録するだけで自分のスキルレベルにあった案件が確認できたりするので。

〜エンジニア向けフリーランスおすすめエージェント〜

こまめに案件が流れてくるのでおすすめです。

とはいえ上記のエージェントは経験が1年未満だと紹介してもらえる案件が少なかったりします・・・。ある程度の経験者向けで副業では使えなさそうですね。

そこで経験が浅い人はmidworksを運営するBranding Engineerが運営しているTech Boostというオンラインプログラミングスクールでさくっとスキルを身に付けるのがおすすめです。転職サポート付きのスクールなのでスクール後のキャリアも安心です。

無料カウンセリングがあるみたいなので、まずはカウンセリングを受けてみると良いかと思います。

>>Tech Boostの無料カウンセリングはこちら

効率の良い営業で仕事を取るのもあり

よく飛び込みで営業して仕事を取りに行く人がいますが、効率が悪いので辞めるべきですよ。

HTMLコーディングで副業で5万円とかならSNSで発信して紹介してもらうか、知り合いからもらう方が早いですし、そもそも土日で空いた時間に効率よく稼ぐのが目的なので。

月に100万円稼ぐとかなら飛び込み営業とかは必要かもですが、5万円程度なら必要なしです。

まとめ:HTMLコーディングの副業で5万円稼ぐべき

会社で数万円の給与を上げるとかはほぼ不可能なので、HTMLコーディングのスキルを身に付けて副業で稼ぐのはかなりおすすめですよ。

HTMLコーディングで稼ぐことが出来る難易度はかなり低いので、とりあえず挑戦してみるのがいいです。

副業で5万円稼ぐことができれば、今より良い部屋を借りることができますし、外食も気にせず行くことができますし良いことしかないので。