【未経験者向け】WEBエンジニアとしてIT業界へ転職するにはまずは独学【僕の体験談です】

どうもガムシャラワーカーしゅう丸です。

ついにIT業界への転職が決まり、今週から働き出します!

WEBエンジニアとしてIT業界への転職は人気で、「未経験歓迎」の求人も多いですが、独学してある程度のスキルを身につけてから転職することをおすすめします。

この記事は、

  • 未経験だけどIT業界に転職したいな。
  • 出来るだけ好条件でIT業界に転職したい。
  • どうやって勉強すればいいんだろ?

といった方に読んで欲しいです。

という僕は未経験からプログラミングを勉強して4ヶ月でIT業界へ転職することができました。実際に3社応募しまして、3社から内定がもらい、ある程度スキルを身につけていたこともあり、好条件で転職することができました。そういった背景から語ります。

未経験からWEBエンジニアとして転職する方法は簡単です

結論ですが、3,4ヶ月独学で勉強するだけOKかと。
実際に僕は4ヶ月勉強してから転職活動をはじめまして数社から内定を貰いました。

詳しく説明していきます。

独学で勉強するプログラミング言語


WEBエンジニアとしてIT業界に転職するのに必要なプログミラング言語はこれだけ。(正確にはマークアップエンジニアかと思いますが。僕はWEBエンジニア枠で採用されました。)

HTML / CSS / PHP / Javascript / jQuery

その他にも色々あるかもしれませんが、この言語を習得することでサイト制作が可能になり、好条件での転職が可能になります。
←実際に僕もこの言語を勉強して転職を決めました。

HTML/CSSはプログラミング言語じゃないでしょと言われるかもしれませんが、ここではわかりやすくプログラミング言語とします。

これらの言語をマスターしてWEB制作(HP制作)が出来るようになればOKです。

HTML/CSSといったマークアップ言語だけでも、就職は十分可能ですが、PHP/Javascript/jQueryも勉強しておくことで好条件で転職が可能になります。

難しいそうだなぁと感じるかもしれませんが、企業が求めるプログラミングスキルは会社にもよるかもですがぶっちゃけ低く、3,4ヶ月で十分習得可能です。
できる人は独立してるイメージです。

独学で勉強する方法

この記事を読んでくれている人は、プログラミング未経験者で会社勤めかニートのどちらかと思います。

それぞれのパターンで勉強方法を説明していきます。

会社勤め向け

結論ですが、会社を辞めずに空いた時間で勉強しましょう。

というのも、会社を辞めて4ヶ月独学で勉強するとなると、金銭的にも精神的にも辛いです。またプログラミングが合わなかった場合に元の環境に戻ることが難しいのでおすすめしません。

空いた時間でも十分勉強はできますので、オンラインのプログラミングスクールで勉強するのがおすすめです。

通う必要がないので、早く仕事が終わった時や、土日の時間を効率よく使って勉強ができます。

ニート向け

時間がたっぷりあるので、自分で調べて完全独学で勉強すればいいかもしれませんが、ニートの方もプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

全て自分でやると時間がかかりますが、スクールだと効率良く勉強できるので。
←ちなみに僕はニート時代にiSaraというノマド育成講座で勉強しています。笑

フリーランスを目指す方は、実際にフリーランスの方と触れ合えるのでオフラインスクールがいいかと。

今回の記事はIT業界への転職を前提にしているので、オンラインスクールがおすすめ。
勉強方法ですが転職でWEB業界に進むことが目的なのか、転職して最終的に独立が目的なのかで2パターンにわかります。

転職でWEB業界に進むことが目的

とりあえずWEB業界への転職が目的の場合は、就職サポート付きのオンラインスクールがいいかと。
就職サポート付きのオンラインスクールはたくさんありますが、転職成功率が97%のTECH::CAMPがおすすめです。

転職して最終的に独立が目的

最終的にフリーランスや独立が目的の方は、就職活動を自分でした方が柔軟性の高い就職先を探すことができます。
←こちらは僕のパターンです。

「未経験歓迎」の求人に飛び込む?


とはいえ感の良い方は、「未経験歓迎の求人があるのに、独学で勉強する必要あるの?」
と思われたかと思います。

結論ですが、未経験歓迎の求人に飛び込むのはおすすめしません。独学してある程度のスキルを身につけて就職するのがおすすめです。

そもそも未経験者求人とは?

そもそも会社が「未経験歓迎」の求人を募集するのは、ある程度リスクを伴うわけで必然的に経験者よりも待遇は劣るかと思います。

実際に僕も「未経験歓迎」の求人も検討しましたが、あまり待遇は良くなかったので選択肢から外しました。
←未経験歓迎でも良い求人はあると思いますが、比較的少ないという意味です。

自分が確認した限りですが、休日日数が少なかったり、給与が安かったり、固定給で残業代が出なかったりが多かったです。

また未経験なので、応募した時点で完全に立場が不利で、会社に足元をみられてしまいます。
それでもやってやるぜ!って方は全然大丈夫だと思いますが、誰もが誰も強くないので少しでも良い条件で働ければ嬉しいですよね。

せっかくIT業界でばんばん稼ぐぜ!自由な生活手に入れるぜ!って意気込んだものの消耗するだけになってしまうかと。

少しの独学で好条件

でも大丈夫です。

WEBエンジニアのIT業界は人手不足で、「未経験歓迎」の求人以外にもたくさん求人はあります。

そんな求人に応募して、内定を貰うにはある程度のスキルを身につけるだけでOKです。
それだけで、「未経験歓迎」の求人よりも良い条件で働くことができるのでお得ですね。

とはいえ、3,4ヶ月で身につくスキルなんて転職に有利になるの?と思われるかもしれませんが、それがかなり有利になります。

実際に僕は未経験からプログラミングを4ヶ月間勉強しまして、HTML/CSS/PHP/Javascript/jQueryの基礎を身につけて、3社応募し3社から内定をもらいました。←未経験求人より良い条件でした。

会社が求めるスキルはぶっちゃけ高くないので、良い条件で転職するためにも独学である程度スキルを身につけるのががおすすめです。

僕は3,4ヶ月で身につけたスキルのおかげで、面接時に給与交渉や今後のキャリアアップなどについて交渉することができました。

具体的には、たった4ヶ月の勉強でこんな条件で転職の内定をもらいました。

  • 企画→デザイン→制作まで経験できる
  • 社員10人以下で担当者ベースで見積もりなどもできる
  • 下請じゃなく元請(営業部隊もいる)
  • 後々リモート可能

決して僕のスキルがすごいということはなく、単なる人手不足でして少しのスキルで有利な条件で就職することができます。

ほんとにプログラミング勉強するってチートですよね。

WEBエンジニアとしてIT業界への転職を希望している方は、独学で勉強してある程度のスキルを身につけるのがおすすめです!

まとめ

たった3,4ヶ月の勉強で好条件でWEBエンジニアとしてIT業界に就職できるってかなりコスパ良いですよね。

僕は大学卒業後ニート状態で、ほとんど職歴もありませんでしたが面接でそんなことはほぼ聞かれなかったです。笑

ある程度のスキルを身につけて就職するのは、会社に与える心象も違うのでおすすめです。
また3,4ヶ月勉強することで業界の雰囲気も少し理解できるので、会社選びにも有利になります。

そんなチートなプログラミングですが、未経験で飛び込もうと思っている方は、ある程度スキルを身につけてから転職してみてはどうでしょうか?

▼会社勤め向け

TechAcademyは無料体験がありますので、ここでしっかり勉強することで最低限のスキルが身につきますのでぜひ。
TechAcademyの無料体験はこちら