WordPressを無料で勉強する方法【独学でテンプレート制作】

どうもWEBエンジニアのがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

この記事では、

WordPressのテンプレート制作をしたいけど、いまいち理解できないな・・・。何か良い勉強方法ないかな?

という疑問にお答えします。

結論ですがWordPressのテンプレート制作なら無料で勉強できます。

先日、下記のツイートをしたのですがWordPressを無料で勉強する方法って意外と需要があるんだなと思ったので記事にすることにしました。

ちなみにこの記事を書いている僕は、未経験から独学でプログラミングを勉強しまして、WEBエンジニアとして転職して今ではWordPressでのサイト制作を軸としたフリーランスエンジニアとして活動しています。そんな僕がWordPressを無料で勉強して理解度をグッとあげる方法について語ります。

〜本記事の内容〜

  1. WordPressの理解度は大きく3パターン【勉強する前に確認
  2. 無料でWordPressを勉強する方法【無料優良テーマを使うべき】

WordPressの理解度は大きく3パターン【勉強する前に確認】

結論ですが、WordPressのテンプレート制作をするのは無料で勉強可能。

とはいえどのレベルを目指すべきか?自分がどのレベルなのか?を理解しておくことは重要なので、まずは確認してください。

WordPressの理解度は大きく3パターン

  1. WordPressを利用できる ・・・ ブログで使ったことがある
  2. WordPressの基本的な構造が理解できる ・・・ page.phpが固定ページ、single.phpが投稿ページなど理解出来る
  3. WordPressでカスタマイズが出来る ・・・ front-page.phpなど各テンプレートで条件分岐を使ってカスタマイズ出来る

ちなみにこの記事では②「WordPressの基本的な構造が理解できる」レベルの読者を想定してまして、③「WordPressでカスタマイズが出来る」になる方法について解説します。

なので②「WordPressの基本的な構造が理解できる」が厳しいかなと思う人は、WordPress初心者向け書籍はこの1冊しか有り得ない【断言します】を読んで基礎を身に付けてください。

またオフレコですがWordPressでのWEB制作で稼ぐなら②「WordPressの基本的な構造が理解できる」に少し毛が生えたレベルでもOK。とはいえ取れる案件の幅が狭いので、理想は③「WordPressでカスタマイズが出来る」のレベルになること。

このレベルになれば案件受注には困らないので、このレベルを目指すべきかと思います。

ここからこのレベルになる無料の勉強方法について解説します。

無料でWordPressを勉強する方法【無料優良テーマを使うべき】

結論ですが、既存テーマの「Twenty Nineteen」を使う方法です。

WordPress既存テーマの「Twenty Nineteen」は優良教材です

WordPressをダウンロードすると、テーマフォルダの中に下記のようなテーマがあります。

  • twentysixteen
  • twentyseventeen
  • twentynineteen

WordPressのデフォルトテーマでダウンロードするとテーマファイルの中に入っています。「twentynineteen」は2019年、「twentysixteen」は2016年といった感じ。

実はこのテーマファイルはかなり優良教材で今回使用するのは最新版の「twentynineteen」です。

というのも優秀なエンジニアが作ったテンプレートなので、コード規約を遵守していることはもちろん、関数、テンプレートなど最適化されているんです。なのでこのテンプレートを読むだけでもかなり勉強になりますよ。

※新しいエディタのGutenberg(グーテンベルグ)に対応した最新テーマなので、その点からも使う価値があります。

Twenty Nineteenのコードの中身を見てみる

実際に「twentysixteen」の中身を見てみましょう。

▼site-branding.php

簡単にこの部分のコードを解説します。

ロゴがあれば → ロゴ表示、ブログ名があって、なおかつトップページであればh1タグ、その他ページであればpタグでブログ名表示

かなりざっくりですが、上記の通りです。

勉強方法としては、

コードを読んでhas_custom_logo()、if ( is_front_page() && is_home() ) など初心者にはわからない部分をググって一つずつ調べる

といった感じでかなりの力が身につくかなと思います。

更にレベルアップした勉強方法としては、このコードをカスタマイズするといった方法。

ちなみに僕は上記のコードを下記のように書き換えました。

▼site-branding.php カスタマイズ後

既存のWordPressテンプレートである「twenty nineteen」のコードを読み進めて理解する→自分の希望する機能にするためにカスタマイズするといった勉強方法で、かなり実力が身に付くかなと思います。

おまけ:WordPressをしっかり勉強する方法【裏技】

ここまで解説してきたのが、無料でWordPressを勉強する方法です。

独学なので時間はかかるかもですが、優秀なエンジニアが作ったWordPressテーマを無料で勉強できるのおすすめです。

とはいえ独学での勉強に限界を感じているけど、WEB制作を身に付けたいといった人は一度会社に入って勉強するのも良いですよ。

僕も会社で経験を積んでからフリーランスになったのですが、会社で働いて本当に良かったなぁと思います。

  • お金を貰いながらスキルが身に付く
  • フリーランス独立時に勤務先が受注先になる
  • 実務レベルのスキルが身に付く

上記の通り会社で経験を積むのはメリットしかないので、本気でWEB制作でフリーランスを目指すなら会社で経験を積むことも考えてみると良いかもです。

まとめ:WordPressは無料で勉強できる

以上の通りですが、WordPressのテンプレート制作は無料で勉強できます。

とはいえ向き不向きがあると思うので、優良の参考書やサービスも組み合わせながら勉強をすすめればいいかなと思います。

※WEB制作(コーディング)で3万円稼ぐまでの実体験を書いたnote
僕が完全未経験からプログラミングを勉強して3万円の案件をこなすまでの実体験を勉強方法から案件受注まで詳しくまとめたnoteです。1週間で300人以上のWEB制作で稼ぎたい方に読んでいただいたnoteで、有益な情報満載なのでぜひ読んでみてください。