編入生は就職に不利、気をつけるべき3つの点【僕の実体験】

どうもがむしゃらワーカーしゅう丸です!

大学編入で大学に入学すると就職への影響はどれほどだろ?不利になるのかな、それとも有利になるのかな?何か学生時代にしておくことがあれば、就活前に事前に対策しておきたいな。

と言う方向けた記事です。

結論ですが、”編入生は就活に不利”です。

とはいえ、これは何も対策をしていない編入生のことで、学生時代にしっかり対策することで内部生よりも就活で有利になることができます。

この記事を書いている僕は、大阪大学に編入生として入学しまして、就活では大手3社から内定を貰うことが出来ました。編入学当初は編入生は就活に不利と聞いていたので、どうすれば就活に有利になるかを考えて学生時代に準備をすることで大手から内定が貰えた感じです。そんな就活に不安を抱いている編入生、編入合格を目指す受験生に僕が就活で内定を貰うために気をつけたことを公開します。

編入生の就活は圧倒的に不利

結論ですが、”編入生の就活は圧倒的に不利”です。

不利な理由は多々ありますが、大きく分けて3点で不利かなと思います。

  1. 3年次編入のため大学に入学して就活まで1年しかない
  2. 内部生との情報格差
  3. 編入した価値説明がしっかりできない

こんなことが不利になるんだと、元気がなくなるかもですが、
この3点をしっかり克服することで、他の大学生よりも就活で圧倒的に有利になれますのでしっかり読んでみてください。

その①:3年次編入のため大学に入学して就活まで1年しかない

編入生は京都大学など特殊な場合を除くと、ほとんどが3年次編入です。

また単位認定で単位が認められる数も少ないため、他の大学生よりも多くの講義に出席する必要があります。
テストも講義に比例して増えるため、時間や労力がかかってしまい、就活対策に回す十分な時間が取れないことが多々あります。

そのため学校に慣れる前に、就活時期がきてしまい、十分な対策が出来ていないまま就活に取り組む編入生が多い印象です。

編入前に多くの単位を取っておく、もしくは定期テストで時間が取られないように定期テストの過去問などを準備しておくといいです。

その②:内部生との情報格差

編入生は内部生と蜜に仲良くなれるかが就活の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

内部生と仲良くなれば、就活の説明会の情報も入ってきますし、定期テストの過去問も手に入りやすくなります。
なので、内部生と仲良くなることは就活だけじゃなく、編入生活の根本から関わってくる重大事項です。

とはいえ、いきなり20歳前後の中に1人で入っていくのは難しいですよね・・・。
僕もはじめは緊張しましたし、うまく輪に入ることが出来ずに胃がきりきりした思い出があります。

なかなか上手くコミュニケーション取れないな。もうみんな既に仲良くて輪に入れない・・・。

ここで重要なのは、初対面の人とうまくコミュニケーションが取れるようになればいいだけ。ということです。
単純ですね。

僕も入学してから初対面の人とコミュニケーションを取る方法を勉強しましたが、時間のある方はいますぐ初めて欲しいなと思います。

そんな時に役立ったおすすめ本を紹介しておきますね。

その③:編入した価値説明がしっかりできない

就活の面接やエントリーシートで必ず、「何故編入したのか?」を面接官から聞かれます。

その時に理由がしっかりしていなかったり、学歴のためと答えてしまう編入生が多いです。

本音は学歴のために編入した人が多数かと思いますが、そのまま答えると、

学歴のために編入したんじゃないの?

こんな感じで、かなり不利になりますのでしっかり準備しておくことが重要かと思います。

具体的な準備としては、

○○私立大学の文学部に通うA子さんが、△△国立大学に編入したとします。

○○私立大学の文学部には高校時代〜〜に興味があって入学しましたが、勉強を進めるうちに〜〜に興味が出てきまして、その第一人者である先生が在籍する△△国立大学で〜〜を勉強したく編入することを決めました。

と言えば、説得力がありますよね?
おまけにしっかり目標を定めて、目標を達成するための努力が出来て、その力があることも伝わります。

編入学した時点で有利な話

ここまで編入生は不利だと説明してきましたが、それはあくまでも同じ大学レベルでの話です。

編入生はほとんどが学歴のために、在籍していた大学や高専よりもレベルの高い大学に進学しますよね?
なので、編入で合格した時点で有利になっています。

旅に出る

これもかなり重要でして、旅に出て色んな価値観や人に触れるのがいいかと思います。

日本の大学生って一回も働かず、就職しますがそれで好きな仕事に出会うなんて無理ゲーですよね。海外の大学とかだと卒業してから1年旅行に行ったりして、そこで自分の価値観を磨いて就職するらしいです。

僕も実際に学生時代に海外1人旅に出ましたが、色んな日本人に会いまして自分が将来なりたい姿をブラッシュアップすることが出来ました。

まとめ

とにかく編入生は他の大学生に比べて不利なので、しっかり準備しとこう!という話でした。

特に編入した理由とか考えるのは誰でもすることですが、プログラミングスキルを身に付けたり、旅に出たりして経験を積む人はごく一部なので動き出せばかなり優位になるのでぜひです。

大学編入試験に合格するならステップ編入学院?受講生に徹底インタビュー【PR記事】

2019.08.18

\クリックするとステップ編入学院公式HPに移動します/

大学編入合格をサポートするオンライン個別指導のステップ編入学院