Basic認証のやり方ーInternet Server Errorの解消方法も【簡単】

どうもがむしゃらワーカーしゅう丸です!

Basic認証かけたいけど、エラー出るし、うまいこと出来ないなぁ〜。どうすればいいんだろ・・・。

といった疑問にお答えします。

サイト制作をしているとBasic認証を設定する機会がありますよね。フリーランス時代はあまりなかったのですが、WEB制作会社で働いている今は結構求められるのですが、初めの頃はエラーが出たりめんどくさかったですが、簡単な方法を見つけたので共有しておきます。

この記事を読むことでBasic認証の掛け方がわかるので、サイトにBasic認証をかける必要がある人は最後まで読んでみてください。

Basic認証とは?

Basic認証はこんな感じで、サイトにアクセスする際に、ユーザー名とパスワードを要求できるという便利な機能です。

公開前のサイトをクライアントさんと制作側のみで確認したい時によく使います。

設定方法

Basic認証の設定方法は簡単で2つのファイルを用意するだけ。

  • .htaccess
  • .htpasswd

この2つのファイルを作っていきます。
メモ帳でもテキストエディタでもOKなので、普段使ってるものを使ってください。

ステップ1: .htaccess

まずは.htaccessを作っていきます。
とはいえたったの4行で、変更するのは赤色の2行だけです。

AuthType Basic
AuthName “Input your ID and Password.”
AuthUserFile /home/www/(アカウント名)/public_html/フォルダー名/.htpasswd
require valid-user

AurthNameはなんでもOKです。
特にこだわりがなければ、“Input your ID and Password.”のままで大丈夫です。

AuthUserFileは.htpasswdを置く場所です。
ご自身のFTPでパスを確認してください。

ちなみに.htaccessと.htpasswdはややこしいので同じ階層に置いてください。
トップページにBasic認証をかけたい場合は、トップページのファイルがある階層と同じ場所へ置きましょう。

既にファイルがある場合はそのファイルを使って上書きすればOKです。

ステップ2: .htpasswd

次に.htpasswdを書いていきます。
とはいえ1行だけ。

ユーザー名と暗号化されたパスワードを書きますが、このサイトでパスワードを暗号化します。

パスワードの暗号化はこちら

アクセスしたページにユーザー名とパスワードを入力してパスワードを暗号化を入力。
出てきた暗号化されたものを.htpasswdにコピペすればOKです。

ステップ3: ファイルをアップ

.htaccess、.htpasswdが準備できたので、FTPを利用して任意の場所に2つのファイルを置いてください。

これでBasic認証の設定はOKです。

実際にサイトを確認するとBasic認証の画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力しましょう。

するとInternet Server Errorという表示が出てくるかと思います。

まだ設定は終わっていませんので、最後にこのエラーの取り方を説明しておきます。

ステップ4: 属性値を変更する

FTPで.htaccessファイルを右クリック。

ファイルのパーミッションをクリック。

属性値を変更。
644→604に変更して保存。
※初期状態では644となっています。

同じように.htpasswdも設定してください。
これで設定は終わりです。

これでBasic認証の設定は終わりです。

まだエラーが出る場合は、次の4点を確認してください。

  • 2つのファイルの中身が間違っていないか
  • ファイル名が間違っていないか
  • AuthUserFileのパスが間違っていないか
  • 属性値を604に変更しているか

Basic認証は一度やり方を覚えておくと便利なので、これを機会にぜひです。

〜おすすめ記事〜

Udemyで学べるWEBエンジニア向けおすすめ動画8選【初心者向け】

2018.04.01

【フリーランス向け】HTML、CSSスキルを身につけてコーディング案件を受注する方法【月5万稼ぐ】

2018.04.07

【フリーランス向け】おすすめエージェント3選をご紹介【エンジニア必見】

2018.02.02