既卒の就活のやり方、方法は?既卒内定者が語る【裏技】

既卒の就活のやり方、方法は?既卒内定者が語る【裏技】

この記事では既卒の就活のやり方について、

悩む既卒生のアイコン

既卒の就活の方法ってどうすればいいんだろ・・・。新卒じゃないけど3年以内だから新卒?職歴がないから転職でもないし・・・。あ〜既卒の就活の方法がわからない。

という方に向けたお話しします。

この記事を書いている僕は大阪大学を就職せずに卒業しましてニートとなりました。1,2年ダラダラしてそろそろ就職しようと思ったものの、既卒の就職の方法がわからずに苦労しました。試行錯誤しながら正しい方法で就職活動をすることで見事内定を手に入れたので、既卒就職のやり方がしりたい方は最後まで真剣に読んでみてください。

そういった背景から語ります。

〜この記事の内容〜

  • 既卒就活の正しい方法は既卒専門のエージェントへの登録が必須です
  • 卒業3年以内の既卒就活で、新卒採用は受けない
  • 既卒就職で内定を貰うための思考法【既卒は常に不利】

既卒就活の正しい方法は既卒専門のエージェントへの登録が必須です

既卒で就職活動をするには、どの就職サイトを使えばいいのか悩んでいませんか?

結論ですが、”既卒専門の就職エージェント・サイト”が必須です。

既卒でも受け入れる企業を紹介してくれますし、キャリアカウンセラーに無料で話を聞いてもらえます。

ちなみにどこも既卒向けでおすすめですが、特におすすめはキャリアスタートです。労働環境重視で企業を紹介してくれますし、驚異の面接通過率70%以上でサービスが神がかっています。

僕が実際に既卒就職で内定を貰った際に、既卒専門でホワイト企業を紹介してくれた就職サイトをご紹介します!

ちなみに求人サイトは2〜3サイト登録するのがおすすめ。

求人サイト数に応じて、当たる求人数が増えるので自分にあった求人を探すことができます。

卒業3年以内の既卒就活で、新卒採用は受けない


結論ですが、新卒就活のマイナビ・リクナビは使わないのがいいです。

大学卒業後3年以内は新卒扱いで応募可能と書いていますが、実際に応募してもほぼ受かりません。

理由は単純で、

  • 既卒よりもフレッシュな新卒を普通はとる
  • 就職浪人する人から考えると、既卒が新卒と同等の扱いなのはありえない

だからですね。

既卒は社会的信用は0に等しいです。

実際に僕も既卒で新卒採用企業を多数受けましたが、どこにも引っかかりませんでした。
大阪大学の学歴があったのにも関わらずです。

新卒時は就職活動でばんばん内定を貰っていたことからも、既卒が不利であることは明らかです。

新卒採用を受けるだけ時間の無駄なので、既卒専門のエージェントに登録して探しましょう。

既卒就職で内定を貰うための思考法【既卒は常に不利】

とはいえ既卒専門の求人サイトでは既卒専門の求人が多くあるので、既卒でも就職は十分可能です。

ですが、既卒就職をするにあたり次のことは心のどこかに置いておきましょう。

既卒就職で内定を貰うためには、世間からの厳しい目に耐えることです。

面接に行ってもゴミ扱いされる話

既卒就職で面接に行ったことにある人はわかると思いますが、ゴミ扱いされることが多々あります。

福利厚生なんて聞いて働く気あるの?

僕が実際に面接に行って面接官から言われた衝撃的な言葉です。

福利厚生を確認したいと思って、給与面や手当、そのほかについて質問すると、面接官の人たちはいままでダラダラしていたのに、今頃福利厚生のことを聞いて働く気あるんですかね?と言ってきました。

この時は本当にショックを受けて、就職活動をやめようかと思いました。

既卒の社会的信用は0な話

このことからもわかるように既卒の社会的信用はほぼ0です。

そのことを理解して、就職活動しましょう。

こんな風に思われます。

  • 就職せずに大学卒業 → 新卒採用で落ちまくったのかな?精神的に弱くて、問題があって就職しなかったのかな?
  • 既卒で職歴ない期間が長い → しっかり働かなさそう・・・。

と言った風に、既卒だからいいね!とは絶対にならずに、既卒=マイナスでしかありません。

面接を受けまくろう

とはいえ既卒でも働く気がある人は高待遇で受け入れるよといった企業もあります。

正直少ないですが全くないわけではありません。

そのためにも気になる企業があればばんばん受けましょう。
複数の既卒エージェントサイトに登録して、出来るだけ多くの求人に出会うのがいい企業から内定を貰うこつです。

若さを利用して既卒就職の理由を正直に話す

既卒就職の面接では、「なぜ就職せずに既卒になったのか?」、「空白期間」について必ず聞かれます。

新卒就職ではこのような質問はありませんが、既卒就職では質問されてしまいます。

ネガティブな質問で、解答もネガティブになってしまいますよね。
でもこんな時は若さを利用して正直に話しましょう。

若い時はある程度の間違えや、ミスが許されます。

そんな間違えや、ミスを許してくれる会社なら長く務めることが出来る可能性も高くなるため正直に話しましょう。

正直に話して不採用なら仕方がないですし、縁がなかったと思って次に進みましょう!

プログラミングスキルを身に付けて自分で稼ぐ


少し脱線しますが、就職を諦めて自分で稼ぐのもありです。

実際に僕は既卒就職に成功しましたが、既卒生いうこともあり、会社内での信用は低めでした。
ずっとダラダラしてたので当然ですね。

そんな時に出会ったのがプログラミングです。
会社員時代から少しずつ勉強してまして、IT業界が人材不足で仕事が有り余っていることを知り勉強しました。

勉強開始3ヶ月目には自分で月10万ほどは稼げるようになっていました。
既卒の就職で悩んでたのはなんでだろ?と思ったほどです。笑

そこからそのスキルをもっと磨きたいと思いWEB制作会社に転職しました。
そこで驚いたのですが、既卒の時とは比べ物にならないくらいの好条件でどこの会社も受かりました。

スキルを持ってるって本当に大きいです。

既卒で人生詰んだと思ってる方はすぐにプログラミングスキルを身に付けることをおすすめします。
仕事が余っているので独立して自分で稼ぐのもより、転職するのもよしです。

全てがインターネットに繋がってIT業界が伸びているのに人材は足りていないので、少しのスキルが高く評価されます。

勉強方法は簡単でしてオンラインスクールで勉強しましょう。
プログラミングを3ヶ月勉強することで、自分で十分稼げるようになりますが、就職サポートも付いているオンラインスクールがいいかと。

就職サポート付きのオンラインスクールはたくさんありますが、転職成功率が97%のTECH::CAMPがおすすめです。

まとめ:既卒の就活の方法はこの4つが大切

以上ですが、この記事のポイントをまとめておきます。

  • 既卒専門の就職サイトに登録する
  • 出来るだけ多くの会社を受けてみる
  • 既卒になった理由、空白期間は正直に話す
  • スキルを身につけて稼ぐのもあり

とにかく既卒就職はを成功させるには、進み続けることです。
行動し続けることで、自分にあった企業に必ず出会えます。

求人エージェント・サイトに登録すると、良い求人に出会えますし、カウンセラーの方が無料で相談に乗ってくれるので、とりあえず登録して就活を進めていくのが大切です。

とくに既卒から正社員を目指すならキャリアスタート就職Shopに登録しておくといいかと。なといっても面接通過率が70%越えなので。