【初心者向け】jQueryかJavaScriptどちらから勉強すべきか?【結論】

どうもWEB系フリーンラスのがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

この記事では、

WEB制作で稼ぎたいけど、jQueryとJavaScriptどっちから勉強すればいいんだろ?というかそもそも何が違うかもわからないし、どれくらい勉強すればいいかも知りたいな。

という疑問にお答えします。

結論ですがWEB制作ならjQueryを勉強すればOK。JavaScriptは必要に応じて勉強しましょう。

記事内でこの話を深掘りしていきます。

ちなみにこの記事を書いている僕のWEB制作歴は2年ほど。独学→転職→独立といった感じで、現在は月7桁ほど稼いでいます。

そういった背景から語ります。

〜この記事の内容〜

  1. WEB制作ならjQueryだけでOK【JavaScriptは必要に応じて】

WEB制作ならjQueryだけでOK【JavaScriptは必要に応じて】

結論ですが、jQueryを勉強すればOKですよ。

上記は僕のツイートですが、深掘りして詳しく解説していきます。

jQuery、JavaScriptは動きをつける

そもそもですが、WEB制作でjQuery、JavaScriptを使う場面は下記の通り。

  • スライダー構築
  • Facebookの画面幅自動調整
  • ハンバーガーメニューの開閉
  • ライトボックス構築
  • アニメーション

他にもたくさんあるのですが、WEB制作で使う場面が多いので例にあげました。つまり動きに関わる部分にjQuery、JavaScriptが使われます。

スライダーとか0から作るとかほぼない話

スライダー構築とか難しそうと思うかもですが、めちゃくちゃ簡単ですよ。

シンプルにフリーの素晴らしいスライダーがたくさんあるので、それを導入するだけで構築できちゃいます。本当にネットになんでも落ちている時代です。

よく使うフリーのスライダーだと、slickSwiperあたりが使いやすくておすすめです。

会社でWEB制作の現場にいましたが0からスライダーを構築するとかってほぼほぼないです。つまり0からスライダーを構築するレベルでjQuery、JavaScriptを理解する必要はないということですね。

もっと深掘りすれば、フリーのスライダーをカスタマイズできるレベルであればOKということです。

ちなみに補足しておくと0からスライダーを作るのも難しくないです。ただ時間がかかって面倒。とはいえ1度経験して、知っておいて損はないですよ。「jQuery最高の教科書」をやればjQueryでスライダー、ライトボックスなんかを作れるようになります。

jQueryを勉強すればOK

そんなフリーのスライダーとかって、jQueryとJavaScriptどっちで書かれてるの?と思うかもですがほぼjQuery。

だからjQueryを勉強すればOKという理屈。

上記の通りでシンプルにjQueryをやれば良いと理解できるのに、なぜJavaScriptかjQueryのどっちから迷ってJavaScriptから入る人がいるのかという話ですが、

JavaScriptの中にjQueryがあるのはなんとなくイメージできるな。JavaScriptができればjQueryができるからJavaScriptからやるか。

という思考の人が多いから。

とはいえJavaScriptいらないよね?って話です。WEB制作はjQueryで事足りるので、余計なことせずに最短で成果を出すべきなのに、わざわざ使うかもわからないJavaScriptなんて勉強する必要ありませんよね。

JavaScriptに手を出して挫折でもしたら元も子もないですからね…。

基礎レベルでOK

そんなjQueryですが既に話した通り基礎レベルでOKです。

勉強方法はProgateでもドットインストールでも良いかと思います。とはいえjQuery、JavaScriptのどっちを勉強すべきか?という感じで悩んでいるレベルなら他の言語含めさくっとスクールで勉強する方が圧倒的に効率良く勉強できるかと思います。

プログラミグ人気に伴ってスクールが増えていますが、効率良く学ぶならTechAcademyがおすすめ。オンライン完結型のTechAcademyには無料体験授業があるので、とりあえず無料体験でプログラミングの感覚を掴めばOK。
※無料体験期間中にメンターのSkypeカウンセリングを受けると500円のAmazonギフト券が貰えます。(10分ほど)

JavaScriptは必要に応じて勉強しましょう

もう話す必要はないかと思いますが、JavaScriptは必要に応じて勉強しましょう。

プログラミングを勉強する人って、「後々このスキル使いそうだから一応やる」、「これもやっておいた方が良さそう」みたいな感じで欲張りなんですよね。欲張った結果挫折してしいまう…みたいなことが多いので、その場その場で必要なスキルを見極めて勉強すると良いですよ。

まとめ:WEB制作は稼げるのでjQueryをマスターすべき

以上ですが、WEB制作ならjQueryを勉強すべきなんだなと理解していただけたと思います。

ぶっちゃけ理解していなくてもフリーのスライダーやライトボックスが沢山あるので、WEB制作はできちゃいます。

ただ基礎部分を理解していないと、「スライダーを4枚表示にする」、「スライダーを自動再生する」とかカスタマイズできないので、jQueryだけは最低限やっておくといいかと思います。

ただここら辺の話も何からどうやって手をつければ良いかとかわかりにくいと思うので、スクールに通って学ぶのが良いですよ。

おすすめは効率良く学べるTechAcademyです。オンライン完結型のTechAcademyには無料体験授業があるので、とりあえず無料体験でプログラミングの感覚を掴めばOK。
※無料体験期間中にメンターのSkypeカウンセリングを受けると500円のAmazonギフト券が貰えます。(10分ほど)

WEB制作で稼ぎたいならjQueryを勉強しましょう!