【iSara】エンジニア育成講座体験記!衝撃のタイ20日間を詳しく語ります





isara4期講師のがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

フリーランスに興味があってiSaraっていうフリーランス育成講座を見つけたけど興味あるな。でも情報少ないし、ぶっちゃけ参加した人の感想聞きたいな・・・。Twitterで参加者の発信を見てるけどそんな簡単にフリーランスってなれるのかな?って疑問もあるし教えて欲しいな。

という方に向けた記事です。

この記事を書いている僕はiSaraに1期生として参加しました。IT業界歴は、未経験からプログラミングを勉強→WEB制作会社へ転職→フリーランスといった感じです。

そんな僕がisaraに生徒として参加した経験、講師として参加した経験を忖度なしに語ります。

※講座は毎回アップデートされてるようなので、あくまでも1期の体験記として参考にしてください。

ちなみにこの記事はisaraの”後編”でして、”前編”はこちらの記事からどうぞ。
>>ノマドエンジニア育成講座のiSaraに1期生として参加してみて感じたこと【事前学習編】

フリーランス育成講座iSaraはプログラミングスクールではない

iSaraについてあまり知らない方もいるかと思うので、簡単にiSaraについて説明していきます。

そもそもiSaraってなんなん?

最近フリーランスとしての生き方が注目されて、日本では「まるも」というフリーランス育成講座が有名ですよね。

iSaraは、「20日間で月10万円稼げるスキルを手にいれる。」ことをコンセプトにしたノマドエンジニア育成講座です。

要するに日本の「まるも」、タイの「iSara」って感じです。
←勝手に思ってるだけなので間違ってたらすみません。笑

「まるも」はライティングやブログ運営、サイト制作、アフェリエイトなど選択肢が多いようですが、iSaraは今のところサイト制作に特化した講座です。

実際の案件を通してプログラミングで月10万円稼げるスキルを身につけることを目標にした講座。

iSaraの講座内容

iSaraの講座内容は大きく分けて、「約1ヶ月の事前学習」と「タイでの20日間の講座」にわかれています。

「約1ヶ月の事前学習」

1ヶ月の事前学習では、タイでの20日間の講座の準備です。

具体的にはProgateでHTML、CSSを勉強してサイト制作に必要な知識を身につけます。
※1期〜4期で事前学習の内容がかなり変わっているので、あくまで参考程度にお願いします。

事前学習期間について詳しく知りたい方は、僕の過去記事を見てみてください。

ノマドエンジニア育成講座のiSaraに1期生として参加してみて感じたこと【事前学習編】

2017.11.02

「タイでの20日間の講座」

事前学習で身につけたスキルのアウトプットです。
クラウドワークスなどのクラウドソーシングのサービスを使って、サイト制作の案件を取って仕事をしていきます。

特に講座などはほとんどなく、はじめの3日間ほど講義があり、クラウドワークスでの提案文の作り方やテキストエディタのカスタマイズなど基礎的なことを教えてもらえますが、プログラミング自体は教えてもらえません。

ここからタイでの20日間の講座について掘り下げていきます。

iSaraの講座はこんな雰囲気です

社会人になってから講座というものに参加したことないから緊張するぅ。

講座開始1日前にシェアハウスに到着したので、生徒同士で話すこともなくどんな生徒がいるかもわからず初日を迎えることに。

初日は簡単なアイスブレイクから。

緊張してましたがこのアイスブレイクを気にどんどん仲良くなってく感じでした。

そもそもタイまでフリーランスになるためにサイト制作勉強しに行く時点でクレイジーな人しかいません。

講師陣、生徒ともに気さくで気の合う方ばかりですぐに仲良くなっちゃえます。

講師陣含めご飯に行ったりもしました。
こんな時に講師陣の裏話とかも聞けるのでおすすめです。

聞きたいことがあればどんどん聞いちゃいましょ。

年齢層は20代〜50代、男女比2:1とばらばら。

iSaraの20日間のスケジュール感

講座の20日間のスケジュールはだいたいこんな感じ。

1週目 講義(フリーランスについて、仕事の取り方など)
2週目 実践(サイト制作の案件をこなす)
3週目 実践(サイト制作の案件をこなす)

実践多めです。
ちょっと講座少なくない?と思ったのも事実。

初めの3,4日間くらいでフリーランスについて、仕事の取り方など実践を始める前の準備期間として授業形式で座学を教えてもらえます。

4日目くらいからは振っていただいた仕事、クラウドワークス等で自分で提案して取った仕事をごりごり進めて行く感じですね。

iSara検討してる人で勘違いが多いのは、プログラミングを教えてもらえると思ってることですかね。
はっきり言いますが、プログラミングは教えてもらえません。

iSaraの1日のスケジュール

講義がある時のスケジュール間としては、こんな感じ。

10時〜 午前中の講義
12時〜 お昼休憩
13時〜 午後の講義
14時〜 フリー時間

午後からの授業時間はその日によって変わります。

2週目からは講座がないですが、10時頃に共有スペースに集まって1日何をするのかみんなの前で発表して各々の作業をするといった感じです。

とある講座の風景

シェアハウスの1階が共有スペースになっていて、こちらが授業風景です。

iSara講師陣の紹介

ここで簡単に講師陣の紹介


講師陣だけが写った良い写真がなかった。笑

代表
けーすけさん(写真左から4番目)
iSara全体の疑問点などあったらけーすけさんに聞いちゃいましょう。

プログラミング担当
マナブログさん(写真一番左)
プログラミング、アフェリエイトなどスペシャリストのマナブログさん。

しょーへーさん(写真一番右)
プログラミングについてはしょーへーさんに聞けばOK。

シェアハウス管理人
ゆーきさん(写真左から2番目)
(一人だけカメラ目線ですね。笑)
シェアハウスのあれこれはゆーきさんに聞きましょう。

皆さんフリーランスとして活躍されている方です。

iSaraの醍醐味は何と言っても、実際に活躍しているフリーランスの講師陣と直接触れ合えることかと思います。

プログラミング勉強開始3ヶ月の成果

まずはどんなスキルが身についたのか説明しますね。

  • HTML/CSS/PHP/jQueryコーディング
  • CMS(WordPress)導入
  • LP(ランディングページ)コーディング
  • WordPressのテーマ作成
  • ホームページ作成
  • レスポンシブ対応
  • フレームワーク(bootstrap、flexbox)
  • ai、psdデザインデータ通りのコーディング
  • photoshopを使った素材の書き出し

ざっくりこんな感じですね。

僕は勉強が好きで新しいこと好きなんで、この短い時間に結構知識増えたかなと思いますがまだまだです。

HP制作、WordPressを使用したテンプレート制作ではほぼ何でも作れるというレベルまで来ています。

次にこの期間でどんな案件を経験したのか。

経験した案件

10月から学習をはじめまして、実際に案件を経験したのは11月の上旬くらいだったと思います…。

〜クラウドソーシング〜

  • 飲食店HP作成(テンプレート化含む。TOPページ、下層7ページ。)
  • 接骨院HP作成(テンプレート化含む。TOPページ、下層5ページ)

〜人脈案件〜

  • 接骨院HP作成(コーディングのみ。TOPページ、下層4ページ。)
  • 会社HP作成(コーディングのみ。TOPページ、下層5ページ。)
  • ゲストハウスHP作成(テンプレート化含む。TOPページ、下層5ページ。)

ざっくり勉強し始めて任せていただいた案件はこんな感じですね。
クラウドソーシングと人脈からの紹介案件です。

なかなか人脈案件に比重が傾いているので、今後はいいバランスになるように色んなところからお仕事取れるようにしていきたいですね。

iSaraは誰にでもおすすめできない

ぶっちゃけ「iSaraは誰にでもおすすめできない。」と僕は思います。

とはいえ”僕は参加して良かった”と思います。

なぜ自分は参加して良かったのに、誰にもおすすめできないのか説明してきます。

フリーランスは自走できる人でないと厳しい

フリーランスは自走できる人=自分で調べて、問題解決して、行動できる人でないと厳しいんですよね。

でもiSaraはフリーランス育成講座なんですよね。。

フリーランスは自走できないといけないのに、フリーランス育成講座に通うという矛盾がるので、受講者側の立ち位置が難しいんですよね。。

僕は勉強が好きで、受験勉強で勉強方法も身についていたので、iSaraでインターネットを通してお金を稼ぐことが知れてそれだけで大満足でした。「調べろ情弱」と言われるかもですが、調べることさえも知らなかった自分に取っては有益でした。

しかも講師陣は実際にインターネットでお金を稼ぐフリーランスで、その人達との繋がりが出来たことも自分に取っては大きかったですね。

1期生でサイト制作、プログラミングを続けてるのは僕一人だけ

iSara1期生は6人いたんですけど、いまサイト制作、プログラミングを続けてるのは僕だけです。

今でも1期生の4人とは仲が良く、LINEで連絡を取ったりしていますがみんなプログラミングを辞めていますね。

iSaraの受講料は決して安くないですし、タイでの生活費や渡航費を考えるとまぁまぁかかるかと。

そんな金額と時間を投資しても辞めてしまうくらい、甘くないということは覚えておいてもいいかもです。

twitterなどでフリーランスのキラキラワードばかり見ている人は辞めちゃうかと。

iSaraをおすすめできる人

iSaraだけじゃなく、何に対してもですが、この2点がある人はiSaraに行けばいいかと。

  1. 継続して努力できる人
  2. これまでの人生の中で1度でも何かに打ち込んだ人

iSaraの醍醐味はなんと言っても講師陣との出会い、ネットでの稼ぎ方をローカルで教えてもらうことが出来る点かと。

その出会いで得たものをアウトプットするために必要な努力と行動力がある人には本当におすすめです。

何か変わるきっかけが手に入る感じですね。

とはいえ努力したことがない人や、勉強方法がわからない人はそれを具現化できないんで厳しいかと思います。

まとめ:isaraはおすすめです

とにかく一歩進めば動き出すので、参加チャンスがあれば参加はありかと思います!

講座は毎回アップデートされてるようなので、あくまでも1期の体験記として参考にしてください。

〜おすすめ記事〜

【フリーランス向け】HTML、CSSスキルを身につけてコーディング案件を受注する方法【月5万稼ぐ】

2018.04.07

【フリーランス初心者】プログラミング勉強開始2ヶ月で10万円稼ぐノウハウ公開します【実体験】

2018.01.02

【フリーランス向け】おすすめエージェント3選をご紹介【エンジニア必見】

2018.02.02