スキルなしフリーランスは1度就職するべき【僕の実体験です】

どうもWEBエンジニアのがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

この記事では、

勢いで会社を辞めてフリーランスに挑戦したけどなかなか厳しいな。SNSでは駆け出しフリーランスが稼いでる情報がたくさん出てて挑戦したけど、現実はそんなに甘くないな。1度就職した方が良いのかな?

という疑問にお答えします。

フリーランスという生き方が広がってきて勢いでフリーランスになる人が増えてきてる一方で、フリーランスになったものの厳しいと感じる人も多いと感じます。

結論ですがフリーランスの世界は甘くないので、スキルなしで厳しいと感じたらなら就職すべき。

ちなみにこの記事を書いている僕は、未経験からWEB系のフリーランスになりましたが、あまりの厳しい現実に挫折して1度会社を挟みました。会社で経験を積んだ後に独立して、現在はWEB系フリーランスとして活動しています。

そんな僕がスキルなしフリーランスが1度就職すべき理由と就職する方法について語ります。

〜本記事の内容〜

  1. フリーランスの世界は甘くない【SNSに騙されるな】
  2. フリーランスが就職するメリット3選【実体験】
  3. フリーランスが再就職する方法【実体験】

スキルなしでフリーランスで稼げない【SNSに騙されるな】

スキルなしフリーンラスは1度就職すべきですよ。ぶっちゃけスキルなしで稼げるほど甘くないです。

フリーランスのポジショントークに気をつけるべき

フリーランスという生き方が注目されている中で、Twitterではフリーランスのライターやエンジニアが爆増していて、フリーランスになるための講座もかなり多くなってきています。

そんなフリーランス界隈ですが、聞こえてくる声は、

  • フリーランス最高
  • 会社員はオワコンだからフリーランスになるべき
  • フリーランス初月〇〇桁稼いだ

といったポジティブな声ばかりですよね?

今現在会社員で会社が辛くてどうしようもない人は、そんな声についつい流されて会社を辞めてしまうこともあるかと思います。

でも会社は辞めちゃ駄目ですし、そういった発言はポジショントークだったりします。

ポジティブな発言しか出来ない環境がある

SNSで駆け出しフリーランスがポジティブな発言をする理由は下記の通り。

  1. ネガティブ発言をすると仕事を受注しにくくなる
  2. フリーランス講座に不満があっても成果を出している人がいる手前ネガティブ発言はしずらい

主にこの2つの理由が大きいかと思います。

ネガティブ発言をすると仕事を受注しにくくなる

1番の理由はこれかなと思います。

フリーランスは自分で仕事を受注して仕事をするのですが、ネガティブな発言をしているとクライアントさんから「この人なんだかな・・・」といった感じで仕事を受注しにくくなると言う事実があります。

実際にフリーランス界隈にいる僕ですが、フリーランス生活が順調じゃないフリーランスが、「今月は〇〇件仕事をしています!」といった発言をしてフリーランス生活があたかも順調であるかのように見せている姿もあるように思います。

この発言の意図としては、クライアントさんから信用してもらいたいのと、フォロワーを増やしたい意図があるかと思います。なのでフリーランスのポジティブ発言は真に受けずに「本当かな?」くらいの気持ちで見ておくといいですよ。

フリーランス講座に不満があっても成果を出している人がいる手前ネガティブ発言はしずら

最近はフリーランスになるためのスクールや講座が多いのですよね。でも驚くほどにポジティブな情報しか流れてこないと思いませんか?

理由は単純で、

数十人で受講 → 1~2人成果が出る人が出る → 講座内容が微妙で、フリーランスが厳しいと感じた人は成果が出てる人の手前ネガティブ発言できない

といった感じがあるのかなと思います。

講座内容が微妙でも数十人も受講すれば必ず成果が出る人って現れるんですよね。そんな人がいるので残りの受講生は講座内容に不満を言うこともできませんし、フリーランスが想像していたより厳しいと発言することも出来ません。

また仕事を辞めたり、学校を辞めて来た手前、順調であるとアピールせざるを得ないという理由もあるのかなと思います、、、。悲しいですね。

スキルなしフリーランスは厳しいです【実体験】

ここからは実体験なのですが、僕はHTML、CSSすら知らない完全未経験からWEB系のフリーランスになりました。

はじめは仕事をぽんぽん受注できてフリーランスって余裕かも。と思いましたが現実はそんなに甘くありませんでした。

なぜかと言うと仕事は簡単に受注出来るけど、プロのレベルで納品できないんですよね。

めちゃくちゃシンプルですが、数ヶ月かじった程度の知識では当然クライアントが満足いく成果物を提供できないです。とはいえWEB業界は圧倒的に人手不足なので、簡単に受注できます。←フリーランス挫折後にWEB業界に行った経験から。

なのでSNSで駆け出しのフリーランスが「〇〇万円の仕事受注」、「初月○○万円売り上げ達成」みたいに言ってる人のツイートはその後も見てみると良いですよ。9割以上は継続できていないかと思います。

そういったポジティブな発言ばかりが表に出ますが、厳しいと言うことも知っておいて欲しいです。

とはいえある程度のスキルがあれば仕事をこなせるのも事実で、そういったスキルは会社で働けば身に付くという話をしていきます。
※ある程度のスキル=スキルなしと表現したりするので間違えてでもないです。

フリーランスが就職するメリット3選【実体験】

もし今あたなが駆け出しフリーランスで厳しいと感じているならすぐに転職すべきです。

フリーランスが就職するメリットは下記の通り。

  • 実務レベルのスキルが身に付く
  • メンター的な先輩に出会える
  • 独立後に受注先になる

ぶっちゃけ駆け出しフリーランスで収入が安定していない人はメリットしかないかと思います。

というのもお金を貰いながら、スキルが身に付いて、独立後には受注先になったりするので。

会社を辞めてフリーランスに挑戦するぞと言った手前、また就職するのはかなり勇気がいるかもしれませんが、スキルなしで食べれるほど甘くないのですぐに就職してスキルを身に付けるべきですよ。

実際に僕も1度就職してお金を貰いながらWEB系のスキルを身に付けて、今では独立して安定して仕事を受注出来ているので。しかもWEB系の先輩にも出会えて、技術的にもサポートしてもらっているので。

フリーランスが再就職する方法【実体験】

そんな駆け出しフリーランスが就職する方法ですが、シンプルに求人サイトを使えば良いかと思いますが、それだけじゃ寂しいので僕が実際にやった方法を紹介しますね。

  1. 転職サイトを利用する
  2. SNSで募集する

転職サイトを利用する

定番の方法ですね。

僕もこの方法でWEB系の会社へ転職を決めました。

マイナビエージェント×ITは皆さんご存知のマイナビのWEB系に特化したサイトで未経験でもOKな優良求人が多数あります。ぶっちゃけ数ヶ月フリーランスした程度ではほぼ未経験ですが、未経験なりに頑張ったこととかが評価されたりします。ちょっとしたフリーランス経験が活きてくるので、良い求人を紹介してくれたりしますよ。

またDODAは誰もが知る大手求人サイトですが、ここも登録しておくと求人数が多いのでいい求人に出会える可能性が高いかと思います。

SNSで募集する

これもよくあるパターンですが、SNSでスキルや経験を書いて企業側からのオファーを待つと言う方法です。

ぶっちゃけあまりおすすめしないので、シンプルに転職サイトを使えば良いかなと思います。

まとめ:スキルなしフリーランスは1度就職すべき

以上ですが、スキルがなくてフリーランスとして生きていけるほど甘くないのでフリーランスで食べれないと思ったらすぐに就職すべきです。

1度フリーランスになった手前、就職するのは抵抗があるかもですが、その状態でダラダラしていても仕方がないですし、2,3年後先を見据えて就職するという選択もありです。

テックアカデミーのロゴ

TechAcademyは最大手のオンラインプログラミングスクール。コースは24種類と豊富で幅広く学べるのが特徴。完全無料(0円)で1週間無料体験授業が受講可能。無料体験期間中にメンターのオンライン面談を受けるとAmazonギフト券500円がもらえます。

» 公式サイトを見る
TECHEXPERTのロゴ

TECH CAMPは転職に特化したプログラミングスクール。転職成功率は98%で、転職できなければ受講料全額返金の制度あり。無料カウンセリングで受講内容からエンジニア需要まで疑問が全て解決できます。

» 公式サイトを見る
TechBoostのロゴ

TechBoostはBranding Engineerが運営するオンラインプログラミングスクール。フリーランス案件求人midworksも運営しているので、卒業後の進路が転職、フリーランスと選択肢が多いのが特徴です。無料説明会あり。

» 公式サイトを見る