フリーランス生活は大変です【失敗した実体験を語る】

フリーランス生活に憧れるな〜。でも自分で仕事を取って、納品して、お金を稼ぐって大変そうだな。キラキラした情報ばかり出てるけど実際のところを知りたいな。

この記事ではこのような疑問にお答えします。

結論ですが、フリーランス生活は大変。
未経験から挑戦して生き残れるのは体感ですが10%未満なので、IT企業でWEB関連のスキルを身に付けるのがおすすめ。

この記事を書いている僕は完全未経験からWEB系フリーランスになりましたが、3~4ヶ月で挫折して会社員に戻りました。その後会社でスキルを身に付けて、再度独立して現在に至ります。

〜おすすめのIT企業への就職エージェント〜

  • マイナビエージェント×IT:おなじみのマイナビが運営するIT特化の転職エージェント。
    ※非公開求人の紹介あり。
  • DODA:転職活動ならまず思いつくのがDODA。
    ※10万件以上の求人があるので、自分に合うIT企業が見つかる。

〜本記事の内容〜

  1. フリーランスは大変です【甘くない現実を語る】
  2. フリーランス生活に挫折して、もう一度フリーランスになった方法【実体験】
  3. 大変なフリーランスに向いている人

フリーランスは大変です【甘くない現実を語る】

いきなりですがフリーンラス生活はかなり大変です。

甘くない現実を知るべき

厳しい言葉が続きますが、フリーランスの現実を知って欲しいと思って書いています。

Twitterなどを見ていると海外ノマド、フリーランスのキラキラした発言がたくさんあることに気付くかと思います。しかも、「独立初月〇〇稼ぎました!」、「独立3ヶ月目で7桁達成」などあたかも簡単に稼いでるかのような発言も多く、「簡単そうだな、自分でもやっていけるかも?」と思うかもしれません。

かつての僕はまさにそうで、キラキラした発言を見てフリーランスは案外簡単になれるし、稼げるんだなと思いフリーランスになりました。

とはいえ当然、現実はそんなに甘くなくて僕は3ヶ月ほどでフリーランス生活に挫折して就職することを決意しました。発信者の意図を常に考えて、情報を取捨選択出来るスキルが必要です。

IT企業でWEB関連のスキルを身に付けて独立が近道です

遠回りと思うかもですが、まずはIT企業でスキルを身に付けることで安定したフリーランス生活を遅れる可能性が高くなります。

ちなみに「フリーランス=場所にとらわれずに働く」には、WEB関連の知識が必須です。プログラミングやマーケティングやライティングなど自分に合ったスキルを身に付ければいいですよ。

  • マイナビエージェント×IT:おなじみのマイナビが運営するIT特化の転職エージェント。
    ※非公開求人の紹介あり。
  • DODA:転職活動ならまず思いつくのがDODA。
    ※10万件以上の求人があるので、自分に合うIT企業が見つかる。

独学でもいいですが、僕はIT企業でWEB関連のプログラミングとマーケティングスキルを身に付けました。その結果、ある程度安定したフリーランス生活を送っています。まずはマイナビエージェント×ITに登録して、WEB系企業に必要なスキルや、仕事の詳細など確認してみましょう。

フリーランスが甘くない理由

そんなフリーランスが何故甘くないか?という理由ですが答えはシンプル。

  • 生活費を自分で稼ぐ必要がある
  • 安定して仕事を受注する必要がある
  • 仕事をこなすスキルが必要

といった感じで、全て自分でこなす必要があるということです。

ぶっちゃけ未経験から1,2ヶ月で食べていけるスキルなんかを身に付けるのは相当難しいです。

僕は完全未経験からWEB系のフリーランスになったのですが、仕事は受注出来るもののクライアントが満足する成果物を提供することが出来ずに継続して仕事を受注することが難しいといった経験があります。

WEB系業界に限った話ですが、人手不足で仕事はほぼ誰でも受注出来るかと思います。ここが「初月〇〇万円受注できました!」という駆け出しフリーランスの発信に繋がってるのではないかと思います。

とはいえ未経験から駆け出しフリーランスになった人は当然スキルがないので、継続して案件を受注するのは相当難しいです。なのでその人の3ヶ月後や半年後の発言を確認すると現実が見えてくるかなと思います。

話が逸れましたが、数ヶ月で安定して仕事を受注するスキルを身に付けるのは難しいです。

フリーランス生活に挫折して、もう一度フリーランスになった方法【実体験】

繰り返しになりますが、僕は完全未経験からWEB系フリーランスになりました。

勉強はしていましたが、当然スキルはほぼ無かったので継続して仕事を受注することはできませんでした。

駆け出しフリーランス生活に挫折した理由

初めは「3万円のLP案件が受注できた!これ案外余裕かも!」と思ったりもしましたが、その仕事をこなすことが難しいということに気付きました。

難しいと思った理由は、

  • そもそも仕事をこなすスキルが無い
  • 納期の範囲内で仕事をこなせない
  • 十分な貯金が無い中で精神的に不安定になる

こんな感じです。

スキルがない中で仕事をこなす難しさ、貯金を切り崩す生活は恐怖でしかないです。そんなこんなで3ヶ月目くらいにもう無理だと思って一度WEB系の会社に就職することにしました。

WEB系の会社で初めから働いておけば良かった

完全未経験からフリーランスに挑戦した僕ですが、WEB系の会社へ就職して働くうちに、はじめから就職しておけば良かったと思いました。

そう感じた理由は、

  • お金を貰いながら技術的なスキルが身に付く
  • 見積書作成、相場観、クライアント対応などフリーランス向けのスキルが身に付く
  • 独立後の人脈も身に付く
  • 会社の先輩がメンター的な存在になる

上記のメリットが受けられるからで、正直デメリットはありません。

「フリーランスになるぞ!会社員はやらないぞ!」という思いが視野を狭めていたことに気付きませんでした・・・。

冷静に考えると、銀行員とかで働いていた人が数週間で食べていけるスキルを身に付けるとかって難しいですよね。それなら初めからフリーランスになることを見据えて行動した方が効率的なのでは?と僕は感じます。

ちなみにWEB系でフリーランスを目指して転職をするなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

  • マイナビエージェント×IT:おなじみのマイナビが運営するIT特化の転職エージェント。
    ※非公開求人の紹介あり。
  • DODA:転職活動ならまず思いつくのがDODA。
    ※10万件以上の求人があるので、自分に合うIT企業が見つかる。

とりあえずマイナビエージェント×ITに登録して、転職先のIT企業の情報とかを見てみると、求められているスキルとかがわかって、どんなスキルを身に付けるべきか、どんなスキルが求められてるかがわかりますよ。

大変なフリーランスに向いている人

そんな大変なフリーランスですがしっかりスキルを身に付ければ、人並みのお金は稼げるのも事実です。

実際に僕も一度挫折してWEB系の会社に転職しましたが、そこで経験を積んで今ではWEB系フリーランスとして月に会社員時代の3倍ほど稼ぎながら生活をしています。

フリーランスに向いている人

向いている人というか挑戦しても失敗しないだろうなと体感で思っているのは、

  • 勉強のやり方を知っている
  • 会社員をいきなり辞めず準備が出来る
  • ニート、フリーター生活が長く就職が難しく後がない

自分でお金を稼ぐので常に勉強をする必要があります。なので勉強のやり方を知っている人はかなり強いです。

また継続した努力も必要なので、会社員を辞めずにこつこつ準備が出来る人も強いですね。

後は向いている人と言うか、ニート、フリーター生活が長くて就職が難しい人なんかもフリーランスに挑戦して見ても良いかもしれません。会社員で働いている人よりは圧倒的にリスクないので。
ちなみにこの記事で詳しく解説しています。ニートはフリーランスを目指すべき【自由に生きる方法】

といった感じです。

まとめ:フリーランスは大変だけど準備すれば誰でもなれる

完全未経験からフリーランスに挑戦して、失敗しても良いっちゃ良いのですが、フリーランスなんてしっかり準備すれば失敗することなんて無いので、無謀な挑戦とかはしないで良いかなと思います。

今会社員で会社が辛くてたまらないなら、いきなり辞めてフリーランスになるのではなくて、フリーランスを見据えて転職とかが現実的かなと思います。いきなり辞めて元いた場所に戻りたいと思っても難しいので。

フリーランスになりたい人は「会社で働きたく無い」という思いが人一倍強いかと思いますが、そういった思いが視野や可能性を狭めることになるので冷静に考えて見ると良いかと思います。

▼WEB系フリーランスを見据えて転職を目指すなら 
→ マイナビエージェント×IT | マイナビが運営するIT特化のエージェント

▼ライター異業種系のフリーランスを見据えて転職を目指すなら 
→ 転職ならDODA | 誰もが知る求人数が多い転職エージェント

テックアカデミーのロゴ

TechAcademyは最大手のオンラインプログラミングスクール。コースは24種類と豊富で幅広く学べるのが特徴。完全無料(0円)で1週間無料体験授業が受講可能。無料体験期間中にメンターのオンライン面談を受けるとAmazonギフト券500円がもらえます。

» 公式サイトを見る
TECHEXPERTのロゴ

TECH CAMPは転職に特化したプログラミングスクール。転職成功率は98%で、転職できなければ受講料全額返金の制度あり。無料カウンセリングで受講内容からエンジニア需要まで疑問が全て解決できます。

» 公式サイトを見る
TechBoostのロゴ

TechBoostはBranding Engineerが運営するオンラインプログラミングスクール。フリーランス案件求人midworksも運営しているので、卒業後の進路が転職、フリーランスと選択肢が多いのが特徴です。無料説明会あり。

» 公式サイトを見る