フリーランスは自分のホームページを持ちましょう【受注率UP】

どうもがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

この記事では、

WEB系、カメラマン、ライターでフリーランス目指そうと思うけどホームページっているのかな?
フリーランスになったけどなかなか仕事が取れないな・・・。ホームページ作った方がいいかな?

という疑問にお答えします。

結論ですが、駆け出しのフリーランスはホームページ必須です。

しかも、

コンテンツ重視 > デザイン重視

のホームページであることが重要です。

WEB系であれ、カメラマンであれ、ライターであれホームページがないフリーランスが多く、勿体無いなぁと思います。
自分の作品を世に出すことで興味を持ってくれる人が100人に1人でもいれば、そこから仕事に繋がる可能性があります。

営業ツールの一つとしてホームページはあって損なしなので、駆け出しのフリーランスにとって自分のホームページが必須な理由、ホームページ制作時に気をつけることについてまとめました。

この記事を書いている僕は未経験からプログラミングを勉強しまして、WEB系フリーランスになりました。現在は会社でも働いてますが、フリーでもお仕事を取っています。このブログは雑記ブログですが日々のプログラミング勉強の過程などを発信して、たまにですがお仕事も受注できています。そういった背景からフリーランスがホームページを持つべきメリットについて語ります。

ホームページが営業ツールのひとつになる

フリーランスが自分のホームページを持つ理由はずばり、案件を受注する可能性を広げるためです。

WEB系、カメラマン、ライターどんなフリーランスであれ、ホームページがあれば営業ツールのひとつになります。

営業といえば電話や訪問を思い浮かべるかもですが、SNSでこれだけ情報が拡散できるので、ホームページがあれば勝手に営業してくれます。

勝手に営業してくれるツールがひとつあればそこから案件を受注出来る可能性が上がるので安定に繋がりますよね。

今見ていただいているこの雑記ブログでも良いですが、専用のホームページを制作することがおすすめです!

デザインはシンプルな方がいい

とはいえ、そんな自分のホームページは凝ったものが必要かと思いがちですが、デザイン重視ではなく、コンテンツ重視のホームページが良いですよ。

実際にWEBデザイナーが凝ったホームページを作った場合、

デザインの凝ったホームページ制作 → 読み手はデザイン凝りすぎてみれない、英語ばっかりで読めない → 離脱

てな感じになってしまいます。
常にクライアント目線でホームページを制作することが大切です。

というのも、重要なのはコンテンツの内容だからです。

シンプルで自分が何をしていて、どういうものを制作出来るかという点を抑えておけばいいかなと思います。

フリーランスのホームページの内容とは

大きく分けてホームページに記載する内容は、こんな感じでいいかと。

  1. 仕事内容
  2. 実績
  3. 料金案内
  4. プロフィール
  5. お問い合わせ先

皆さんが普段見るホームページに記載している内容とほぼ同じかなと思います。

仕事内容

WEB系フリーランスであれば、どのようなサイト制作が可能なのかここで明記する必要があります。
Webデザインも込みなのか、バナー制作は出来るのか、使用可能言語はどんなものか等細かく設定していきましょう。

また、それだけでは人間味がないので、制作の際に重視している点や、こだわっているポイントも書いておくとなおよしです。自分に依頼するメリットを感じ取ってもらうためにも仕事なりの仕事観を表現することが大切かなと思います。

また専門用語を使用しすぎないことも重要で、相手は何も分かっていない前提で説明文を作りましょう。

実績

ぶっちゃけクライアントがフリーランスに仕事を依頼する場合は、信用面で学歴や職歴は多少初回時に関係するかもですが、やはり制作物を重視しますよね。

過去の実績を見ることでスキルや制作物のセンス、またビジネスパートナーとしての信頼度も判断できるので、必須項目となります。

料金案内

料金案内は載せていいか迷いますよね。

とはいえお問い合わせいただけば詳細をお教えてしますのような記載方法はNGかなと思います。

それでお問い合わせをいただいても、返答する金額は同じなわけで、初めからホームページに記載しておくことで無駄な手間を省くことが出来ます。

それでも抵抗がある方は、「50,000円〜」など最低金額を記載するのがおすすめです。

プロフィール

プロフィールで重要な点は、

  1. 写真を載せる
  2. 経歴を簡単に載せる

かなと思います。

ロボットに依頼するわけではないので、自分の写真を載せたり、簡単に経歴を記載するのは有効かなと。

自分が仕事を発注する立場なら、いきなり見知らぬフリーランスには依頼しにくいですよね。
なのでSNSとの親和性を意識してホームページを制作するのがいいかなと思います。SNSであなたのフォロワーはある程度あなたのことを知っている可能性が高いので、そこから流入してきた人をターゲットにプロフィールを設定するといいかなと思います。

クライアントにとって、仕事を依頼するフリーランスがどのような雰囲気の人物なのか、というのは非常に気になるポイントなので!

お問い合わせ先

お問い合わせ先がないとせっかく仕事を頼みたいと思っても頼めないので必須ですね。

ホームページは外注か自作か


自分でホームページが制作できない場合は、シンプルに外注すればいいかなと思います。

外注した際の注意としては自分で更新が出来るようなサイトにすることです。悪質な業者では保守費と言って作品を1つアップするごとにお金を取ったりしますのでその点は外注する際に気をつけてください。

自分で制作する際は、ドメイン、サーバーを契約して、最低限スマートフォンでも閲覧出来るようにレスポンシブで制作することも忘れないでください。

また外注しようかなと思っている方は、僕もフリーランス向けにホームページ制作を5万円〜制作しておりますので相談していただけたらなと思います。

まとめ

駆け出しのフリーランスでなかなか仕事が取れない人はホームページを作っちゃおうという話でした。

わざわざホームページ制作はちょっとと思う方は、雑記ブログでも十分かと思うので、とりあえず作ってみるのがいいですよ。
思いがけないところから声がかかったりしますので!

ホームページは作っちゃえばずっと残るものなので、迷っているなら作ってしまいましょ!
駆け出しのフリーランスで仕事がなかなか取れない場合は、考えつく営業方法を全て取ってみるのがいいですよ!

【フリーランス向け】おすすめエージェント3選をご紹介【エンジニア必見】

2018.02.02

【Progate独学】クラウドワークスで案件受注する方法・注意点【プログラミング未経験】

2018.05.20

【フリーランス向け】おすすめエージェント3選をご紹介【エンジニア必見】

2018.02.02
テックアカデミーのロゴ

TechAcademyは最大手のオンラインプログラミングスクール。コースは24種類と豊富で幅広く学べるのが特徴。完全無料(0円)で1週間無料体験授業が受講可能。無料体験期間中にメンターのオンライン面談を受けるとAmazonギフト券500円がもらえます。

» 公式サイトを見る
TECHEXPERTのロゴ

TECH CAMPは転職に特化したプログラミングスクール。転職成功率は98%で、転職できなければ受講料全額返金の制度あり。無料カウンセリングで受講内容からエンジニア需要まで疑問が全て解決できます。

» 公式サイトを見る
TechBoostのロゴ

TechBoostはBranding Engineerが運営するオンラインプログラミングスクール。フリーランス案件求人midworksも運営しているので、卒業後の進路が転職、フリーランスと選択肢が多いのが特徴です。無料説明会あり。

» 公式サイトを見る