【フリーランス向け】おすすめエージェント3選をご紹介【エンジニア必見】

どうも!フリーランスエンジニアのがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

フリーランスになったけど仕事が全然取れないな。ある程度スキルはあるけど、営業が苦手だから厳しいな…おすすめエージェントがあれば知りたいな。

という方に向けた記事です。

この記事を書いている僕は現役のフリーランスエンジニア。
フリーランス向けのエージェントを上手く使いながら、フリーランスという自由な生き方を楽しんでいます。

ちなみに現在は、生活するには困らないほどの仕事量を確保していまして、ぶっちゃけ手に負えないので友人に仕事を渡したりもしています。

この記事では仕事がなかなか取れないフリーランスに寝てても案件が紹介されるフリーランス向けの案件紹介エージェントを紹介します。

〜本記事の内容〜

  • フリーランスエンジニアの仕事の取り方【エージェントを使うべき】
  • エージェントに案件受注は任せて、フリーンラスエンジニアはスキルを磨くべき

フリーランスエンジニアの仕事の取り方【エージェントを使うべき】

結論ですが案件紹介エージェントを使うべきです。

フリーランスが仕事を取る方法は以下の通り。

  • 営業する ← 難易度高め、継続あり
  • 友人から紹介してもらう ← 継続の可能性が低い
  • エージェントを使う ← 難易度低め、継続あり

こんな感じ。

フリーランスとして安定して稼ぎ続けるなら、難易度が低くて、継続する受注先を確保しておくのが必須です。

人脈もコネもないフリーランスはエージェントを使うの一択かなと思います。

無駄な営業努力をしても仕事が取れないことがほとんどなので、その時間をスキルアップにあてて案件受注はエージェントに任せるのが賢い方法。

〜フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント〜

目についた案件に対応できそうと思えば応募するだけ。

案件があるという点ではどこも大差ありませんが、midworksはおすすめです。
※フリーランスエンジニア向けに無料相談(スキル別の年収、案件紹介など)を受けることができます。無料なので使ってみると良いかもいいかもしれません。

駆け出し時に営業は時間の無駄です

少し話しが脱線しますが、営業は時間の無駄ですよ。

エージェントに登録すれば仕事を紹介してもらえるのですが、同時に営業もしないとなと焦ってるフリーランスを多く見かけます。

フリーランスは出来るだけ受注先を分散しておきたいので、その気持ちは凄くわかります。

駆け出し時は、営業をかけてもなかなか上手くいかない場合が多いので、その時間をスキル習得にあてるのがいいですよ。

とりあえず駆け出し時はエージェントに登録するのが正しい戦略です。

エージェントに登録 → 空いた時間でスキル習得 → エージェントからの仕事をこなす → 実績が出て営業する

みたいなループに入ることができれば、フリーランスとしてはかなり安定するので焦らずにいきましょう。

エージェントに案件受注は任せて、初心者フリーンラスエンジニアはスキルを磨くべき

エージェントから流れてきた案件をこなすためにもスキルを磨きましょう。

せっかく流れてきた案件を断ってしまうのは機会損失なので、エージェントを使うことで営業する時間をスキルアップにあてましょう。

スキル習得について実際に僕が試した方法を2つ解説しておきます。

その1. 今のスキルに付加価値をつける

スキルアップと聞けば今のスキルを更に勉強する人が多いですが、それじゃ取れる案件の幅は広がりませんよ。

フリーランスとして安定するなら、今のスキルに+αで別のスキルを身に付けるのがおすすめ。

フロントエンドエンジニア + サーバーサイド言語 > フロントエンドエンジニア

みたいな感じで、フロントエンドの言語にプラスαでサーバーサイト言語も習得すると、案件の取れる幅が広がります。

その2. 転職してスキルを磨く

駆け出しフリーランスにとって、フリーランスが不安定であることは事実。

「会社で働いてやっとフリーランスになったのにまた会社員?」と思うかもですが、フリーランスを経験してまた転職してからでは見えてくるものが違います。

僕は実際にWEB系企業に転職して働くことで、かなりスキルが身につきまして、今ではフリーとして活動できています。

しかもお金をもらいながら、稼げるスキルが身に付くので一石二鳥です。

自分でWEB制作会社に訪問して就活するのもいいですが、転職エージェントに登録すれば条件の良い転職先を見つけることができるので紹介しておきます。

エンジニア向けフリーランスおすすめ転職エージェント

どこもエンジニア求人を紹介してくれるという点では大差ありませんが、WORKPORTがおすすめです。専門のカウンセラーの方のサポートが充実していますし、IT業界専門なので求人数が多く希望の求人に出会いやすいです。

まとめ:フリーランスエンジニアはエージェントを使うべき

以上ですが、フリーランスエンジニアはエージェントを使うべきです。

仕事の探し方

  • 転職・求人エージェントに登録
  • 友人の紹介
  • 営業

難易度は異なりますが、まずは転職・求人エージェント、クラウドソーシングから仕事を取ればいいかなと。

営業する時間をエージェントから流れてきた仕事とスキルアップの時間にあてればOKです。

おまけ:自走できるエンジニアになる

フリーランスは動き続けて自走できるエンジニアになることが不可欠です。

主体的に動いて行動することが求められます。

駆け出しで不安な方は案件紹介エージェントや転職エージェントに登録して、自分のスキル確認やWEB制作業界の状況を把握しましょう。
動くことで仕事はきますし、必要なスキルも明確になります。

案件が取れればあとはやるだけで、出来なければスキルアップすればOKです。
不安は勉強で解消されるのでごりごり勉強しましょう。

〜エンジニア向けフリーランスおすすめ案件紹介エージェント〜

どこも大差ありませんが、案件がこまめに流れてくるmidworksがおすすめです。

〜おすすめ記事〜

【フリーランス向け】HTML、CSSスキルを身につけてコーディング案件を受注する方法【月5万稼ぐ】

2018.04.07

【フリーランス初心者】プログラミング勉強開始2ヶ月で10万円稼ぐノウハウ公開します【実体験】

2018.01.02