独学でコーディングを勉強する方法【初心者向け】

どうもWEB系フリーンラスのがむしゃらワーカーしゅう丸(@shumarukiti)です!

この記事では、

コーディングを勉強したいけど独学は難しそうだな。でもスクールに通うお金はないし、できれば独学で勉強したいけど何かいい方法ないかな?

という疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は未経験からコーディングを勉強しまして、現在はフリーでWEB制作の仕事をしています。独学でコーディングを勉強するのは難しかったですが、無料教材と有料教材を上手く使うことで達成できました。

本記事では独学でコーディングを勉強する方法について語ります。できるだけ無料教材を中心に紹介しますので、最後まで読んでみてください

※WEB制作(コーディング)で3万円稼ぐ方法
完全未経験からWEB制作で3万円稼ぐまでの方法を実体験で紹介した僕のnoteがあるのですが、公開初日で150人以上に読んでいただいてなかなか評判が良いのでぜひ参考にしてみてください。
>>WEB制作で3万円稼ぐまでの実体験を大公開【初心者向け再現性高】

〜本記事の内容〜

  1. 独学でコーディングを勉強するにはまず目標設定【3つの目標】
  2. 目標別のコーディング独学方法【詳しく解説】
  3. 独学でコーディングスキルを身につけた後にすること【付加価値】

独学でコーディングを勉強するにはまず目標設定【3つの目標】

コーディングを独学する前に、目標設定をしておきましょう。

独学でのコーディング目標は3つ

独学でコーディングスキル習得を目指す人は、WEB制作やWEBサービスを作ることが目標ですよね。

とはいえもう少し目標を明確にすることで、勉強する内容も変わってくるので、自分の目標が以下の3つのどれに当てはまるかみてみてください。

  • その1. WEB制作
  • その2. WEB制作 + WordPress
  • その3. WEB制作 + デザイン

こんな感じ。

またそれぞれの目標に必要なプログラミング言語やスキルは以下の通り。

  • その1. WEB制作 ・・・ HTML、CSS、jQuery
  • その2. WEB制作 + WordPress ・・・ HTML、CSS、jQuery、PHP、WordPress
  • その3. WEB制作 + デザイン ・・・ HTML、CSS、jQuery、Photoshop、illustlator

一般的には「WEB制作 + WordPress」が目標の人が多いです。理由は単純で、ほとんどのホームページはWordPressで出来ているので需要が高いから。

実際にフリーでコーディングの仕事をするにも、転職するにもWordPressは必須スキルなので、とりあえず目標がわからない人は「WEB制作 + WordPress」を目標にするといいかと思います。

目標別のコーディング独学方法【詳しく解説】

ここから目標別のコーディング独学方法について詳しく解説していきます。

  • その1. WEB制作 ・・・ HTML、CSS、jQuery
  • その2. WEB制作 + WordPress ・・・ HTML、CSS、jQuery、PHP、WordPress
  • その3. WEB制作 + デザイン ・・・ HTML、CSS、jQuery、Photoshop、illustlator

その1. WEB制作 ・・・ HTML、CSS、jQuery

1番シンプルなWEB制作を目標とする方向けです。

このあたりの言語はProgateで勉強すればOK。

ProgateはオンラインでのWEB学習サービスで、直感的に勉強できるので初心者にはうってつけです。

またこれは僕のツイートですがProgateで闇雲に全コースを勉強する必要はなくて、基本的なWEB制作をするのに必要な言語は上記のツイートの通りです。実際に僕もこのツイートのコースを受講してコーディングの基礎スキルを身に付けました。

※ちなみにProgateはある程度進むと有料会員にならないと受講できませんが、月額980円なので集中して1,2ヶ月勉強すればいいかと。

またオンラインではなく書籍で勉強したい方向けにおすすめなのがこの参考書です。

この参考書は実際にWEB制作をしながら進めていく形式でして、コーディングの基礎は身に付くかなと思います。

書籍派の初心者にはおすすめの参考書です。

その2. WEB制作 + WordPress ・・・ HTML、CSS、jQuery、PHP、WordPress

HTML、CSS、jQueryはその.1と同じです。

ここではWordPressコーディングの勉強方法について解説していきます。

ぶっちゃけWordPressコーディングの独学は少し難易度が高いのでおすすめしませんが、以下の3つの方法があります。

  • 書籍で勉強する
  • udemyで勉強する

以上の通り。

書籍でWordPressコーディングを勉強する

WordPressの入門書的な本です。

僕は何冊もWordPress関連の本を読みましたが、圧倒的に初心者にわかりやすいのはこの参考書です。

とにかく安くWordPressコーディングスキルを習得したい方はこの本で勉強してみるといいかと思います。

udemyでWordPressコーディングを勉強する

udemyという動画サービスを使うのもおすすめです。

udemyでWordPressの動画は色々ありますが、この動画が圧倒的にわかりやすかったです。

1つのWEBサイトを制作しながら学んでいくのですが、完成したコードがもらえますし、詳しく解説してくれてます。

>>udemyでWordPress講座を受講する

購入する場合はキャンペーンを狙って購入するのがおすすめです。1,000円代で購入できるはずです。

その2. WEB制作 + デザイン ・・・ HTML、CSS、jQuery、Photoshop、illustlator

デザインはコーディングではないので詳しく解説しませんが、この参考書がおすすめです。

独学でコーディングスキルを身につけた後にすること【付加価値】

コーディングスキルを身に付けたあとは、実際に案件を経験することで圧倒的に成長が出来ます。

クラウドワークスで案件をとってみる

コーディングスキルを身に付けて、案件を経験せずにそのままの人が多いですが勿体無いですよ。

案件を経験すると、自分のスキル外の力が求められるので成長速度が段違いです。

ちなみにまだクラウドワークスに登録していない人は、これを機に登録して案件を取ってみるといいですよ。

ちなみにクラウドワークスで案件を取るのはプロフィールの設定が重要になってくるので、登録すると同時に【クラウドワークス】月5万円分の案件を受注するプロフィールの書き方【裏技】を読んで設定してみてください。

また案件を取る方法は、【Progate独学】クラウドワークスで案件受注する方法・注意点【プログラミング未経験】で解説しています。

まとめ:独学のコーディングはゆっくりでOK

独学でのコーディング勉強はかなり時間がかかってしまいます。

2,3ヶ月たっても全く成長していないと落ち込むかもですが、続けていれば絶対に前に進んでいるので心配しなくてOK。
ゆっくり進めば見える景色も変わってくるので諦めずに勉強すればいいかと思います。

ちなみにこの記事を読んでWEBサービスや書籍を買って独学でコーディングを勉強してみよう!と言う方でわからないことがあればTwitterやブログのお問い合わせから質問していただければと思います。簡単にアドバイスとか出来るので!

〜おすすめ記事〜

【フリーランス向け】HTML、CSSスキルを身につけてコーディング案件を受注する方法【月5万稼ぐ】

2018.04.07

【フリーランス初心者】プログラミング勉強開始2ヶ月で10万円稼ぐノウハウ公開します【実体験】

2018.01.02

【フリーランス向け】おすすめエージェント3選をご紹介【エンジニア必見】

2018.02.02
テックアカデミーのロゴ

TechAcademyは最大手のオンラインプログラミングスクール。コースは24種類と豊富で幅広く学べるのが特徴。完全無料(0円)で1週間無料体験授業が受講可能。無料体験期間中にメンターのオンライン面談を受けるとAmazonギフト券500円がもらえます。

» 公式サイトを見る
TECHEXPERTのロゴ

TECH CAMPは転職に特化したプログラミングスクール。転職成功率は98%で、転職できなければ受講料全額返金の制度あり。無料カウンセリングで受講内容からエンジニア需要まで疑問が全て解決できます。

» 公式サイトを見る
TechBoostのロゴ

TechBoostはBranding Engineerが運営するオンラインプログラミングスクール。フリーランス案件求人midworksも運営しているので、卒業後の進路が転職、フリーランスと選択肢が多いのが特徴です。無料説明会あり。

» 公式サイトを見る